ポインセチアはまほうの花―メキシコのクリスマスのおはなし

制作 : Joanne Oppenheim  Fabian Negrin  宇野 和美 
  • 光村教育図書 (2010年9月1日発売)
3.82
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895728164

作品紹介

ポインセチアをかざるのは、なぜ?ポサダをいわう子どもたちの歌声、色とりどりのピニャータ、マリアッチの明るいメロディー、そして、まっかなポインセチア…。これは、メキシコのクリスマスにまつわる奇跡のお話です。

ポインセチアはまほうの花―メキシコのクリスマスのおはなしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 29年度 5-1 5-2
    9分

  • 小学校高学年くらいからよいかも。
    小さすぎると、宗教感とかがよく分からないで終わるかも

  • メキシコのクリスマス。遠目も聞くし、クリスマス時期の読み聞かせにいい

  • クリスマスって、
    何かしら奇跡が起きるような気がするな

  • 話としてはありがちな奇跡譚ですが、絵がとてもいいです。それと、ポインセチアの由来がわかってためになりました。

  • 昔話、伝説のお話にしては、すごく現代風ですよね。

    お仕事があるってありがたいことです。

  • 2011年12月2日

    <THE MIRACLE OF THE FIRST POINSETTIA>
      
    装丁/森枝雄司

  • S太朗5歳3カ月で読んだ本。心のきれいな素敵な少女の本、クリスマス前にいかがでしょう?

全10件中 1 - 10件を表示

ジョアンヌ・オッペンハイムの作品

ポインセチアはまほうの花―メキシコのクリスマスのおはなしはこんな本です

ツイートする