むこうがわのあのこ

  • 光村教育図書
4.10
  • (14)
  • (17)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 108
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895728188

作品紹介・あらすじ

そのなつ、まちをしきるさくが、いつもよりおおきくみえた。そのなつ、さくのむこうがわにあるものは、なにもかもがとおくみえた。ふたりの少女のあいだには、高い柵があった。でも、ふたりはやがて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「こんな ふるい さく、
     そのうち だれかが きて とりこわすよね アニーが いった

    肌の色の違いで人を分けることって、できっこない。そんな切なる思いが伝わってくる。(6分)#絵本 #絵本が好きな人と繋がりたい #ジャクリーンウッッドソン #EBルイス #さくまゆみこ #光村教育図書

  • 隣り合っているのに、姿が見えているのに、遠い遠いあのこ。
    美しい絵と、余分な説明なしに子供達の口から語られる言葉に、胸が締め付けられた。

  • 柵がなんのためにあるのかやっと分かった。

    感動した。

    その視点はなかった。

  • ジャクリーン ウッドソン (著), E.B. ルイス (イラスト), Jacqueline Woodson (原著), E.B. Lewis (原著), さくま ゆみこ (翻訳)

  • 人種の違いから柵で隔たれた家に住み、お互いむこうがわに行ってはいけないと親に言われている子どもたちの交流

  • 2020.04.13

  • 2019.10 5-3

  • 友達に柵は必要ないわー

  • ◆柵があっても 子どもの心は超えていく。柵という境界を無効にする二人の発想に感動する。◆小学生に向けての読み語りを聴く。遊ぶ子どもの絵が生き生きとして実によいので、軽くはないメッセージの対象年齢よりも小さい子どもたちも惹きつけられていたようだった。

  • あの子と私の住んでる間にはなぜ柵があるの?乗り越えられないと思いこんでいる大人の前で子どもたちは「腰かけるためにある」と解釈した。何の束縛も偏見もない子どもたちが未来を変えてゆく。

全18件中 1 - 10件を表示

ジャクリーン・ウッドソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユージーン トリ...
ウィリアムミラー
ガブリエル バン...
ユリ シュルヴィ...
ジョン・クラッセ...
湯本 香樹実
キャロル・オーテ...
ユリー・シュルヴ...
トミー=アンゲラ...
くすのき しげの...
マージェリィ・W...
トミー・ウンゲラ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×