日本のいきもの図鑑 (都会編)

著者 :
  • メイツ出版
4.55
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895776653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  
    ── 前園 泰徳《日本のいきもの図鑑(都会編)200307‥ メイツ出版》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4895776654
     
    (20150314)
     

  •  見たことあるのに、今日も見たのに、なぜか何十年もかかっても名前さえ知らないものたちで私の世界は構築されているらしい。

  • 学生時代に買って手放さずに持っていた本。
    おしゃべりが上手になってきて、
    興味の幅も広がってきた息子との散歩に役立てば、と思って書庫から引っ張り出してきた。

    動物、鳥、虫、木、草花…
    かなり広範囲をカバーしている。
    分類も、
    公園、住宅地、川辺…などとなっているのも調べやすく、また見やすい。

    簡潔でユーモアのある解説が素晴らしく、読むだけでも楽しい。
    郊外編も是非手に入れたい。

  • 読んで面白い図鑑,都会編。人間も「ヒト」の項目で解説あり。

  • 解説が独創的。
    「ヒト」の項目もあって笑える。

  • 日本のいきもの図鑑 (郊外編)と対になる図鑑。
    http://booklog.jp/users/oryudon/archives/4895776662
    また、日本の生きもの図鑑
    http://booklog.jp/users/oryudon/archives/4062109514
    と同じように、いきものの種類ごとではなく生息地ごとに分類されている。
    (都市公園/中心部/住宅地/池・川/海辺/建物内/河口/空地)
    「日本の生きもの図鑑」と違うところは全て写真であること。写真なので、リアルで分かりやすくはあるのだが、写真はある方向から一瞬を切り出したものなので、逆に分かりにくいところもある。
    598種のいきものが載っており、都会編607種とあわせると1205種になる。
    親父が入院して暇を持て余していたときにプレゼントした本で、今は私の手元にある。

  • 研修に持参し、ひえはたさんが気に入っておられた本です。
    地域(公園、住宅地など)毎に、みられるいきものが写真入りで載っており使いやすいです。
    また、著者がそれぞれの生きものにつけている文章はエッセイに近く、「読める図鑑」という感じです。
    郊外編もあります。(あっきぃ)

全7件中 1 - 7件を表示

前園泰徳の作品

ツイートする