急性腹症の早期診断―病歴と身体所見による診断技能をみがく

制作 : William Silen  小関 一英 
  • メディカルサイエンスインターナショナル
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895923675

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 和訳本です。1921年に初版が出版され第20版目のものが和訳されたもの! 病歴のとりかた、診察法、検査法など系統的に書かれたあとに各論といった感じで、急性腹症の正書に近いのかな。各疾患の典型的な経過なんかを知れたのは勉強になりました。研修医の時に読んだのですが、「反跳痛より打診」にはなるほどーって思った印象が今でも覚えてます。

  • 急性腹症の古典的教科書。
    ERで常に頭を悩ませるブラックボックスの急性腹症。
    ER医として、これはまず読むべき一冊。

  • 有名な本でしょうこれは!しかも内容がすごく良い。必読だと思います。病歴が役立つんですね腹痛は。

  • 名著です。医療、研修指導はこうあるべき。「〇〇の検査は出したかね?」と聞く先生はたくさんいても、「〇〇の所見はとったかね?」と聞く先生はあまりいない。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする