産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK-プレ妊娠編から産後編まで! (専門医ママの本)

著者 :
  • メタモル出版
4.15
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895958592

作品紹介・あらすじ

妊娠・出産についての不安や疑問をQ&Aですっきり解消!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [図書館]
    読了:2017/10/29

    「お医者さんは教えてくれない〜」が論文などを精査する過程までみっちり書き切ってるのに対して、こちらは「〜とネットなどで言われていますがウソですから」と結論からスパーンと述べられている。

    「ネットの責任所在の不明な情報」「親世代の医学的根拠のない思い込み」に振り回されないで、お母さんが笑顔でいられることを第一に、という思想は貫かれていると思う。

  • 産婦人科医であり、著書多数の宋美玄先生の本。
    プレ妊婦の方から、妊婦、産後ママ向けに、よくある質問に答える形式をとってあります。

    よくある質問というのは、得てしていろんな回答があり、なにが正しいのか分からなくなりがち。
    特に妊娠・出産にまつわることに関しては、非常に迷信や都市伝説が多いです。

    わたしも、真逆のことを言われること、珍しくなかったです(^^;;

    宋先生いわく、

    "商業媒体は、読書受けするフレーズを持ってくるもの。
    そして、メディアに出たいがために、読者が飛びつきそうな事実とは違うことをしゃべってくれる専門家ふうな人もいるわけです。"

    だそうです。
    確かに、そうかも…。
    その点、宋先生は医学的な視点から、エビデンスをきっちり示し、アドバイスされています。

    また、お産で何よりも肝要なのは、
    【母子の安全】であることが、すごく伝わってくる内容でした。
    ママの要望もあると思いますが、命には変えられませんものね。

    正しい知識を基盤に、混沌とした妊娠出産子育てに関する情報の取捨選択できるようにならねば、と強く思いました。
    昔と今の時代は、生活スタイルが明らかに違います。その中で、無理をするのではなく、自分に負担がなく、赤ちゃんと一心同体の妊婦ライフ、そして出産を過ごしたいですね。
    妊婦中から読みたかったなぁー!

    迷ったらスマホ片手に検索してしまう方には、ぜひ読んでみてください。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

産婦人科専門医、医学博士。「丸の内の森レディースクリニック」院長。臨床のかたわら、妊娠や出産、性についての正しい知識を広げるための啓発活動を行っている。

「2018年 『新装版 産婦人科医ママと小児科医ママのらくちん授乳BOOK』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宋美玄の作品

ツイートする