生きつづけるということ―文学にみる病いと老い

著者 :
  • メディカルレビュー社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896007770

作品紹介・あらすじ

男女の年月を経た交流の中で、「理解」や「愛情」というものが育ってほしいという希望も強くある。「言葉」「性愛」「老年期の快楽」といった課題からすると、言葉を欲しない男たちも、言葉がむしろ多すぎる女たちも、相手を想像することの力と、そこに根ざす快楽のようなものがあればいいのにとも思う。森鴎外「高瀬舟」、アーネスト・ヘミングウェイ「老人と海」、遠藤周作「深い河」など国内外24作品に描かれた『言葉』から真の『生きる』を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三葛館一般 902||NA

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=54331

  • 902.09-ナガ 000418343

全2件中 1 - 2件を表示

長井苑子の作品

生きつづけるということ―文学にみる病いと老いを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする