ステップブラザー (ルナノベルズ)

著者 :
  • ムービック
3.31
  • (0)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896018516

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 親にバレるのはなくても良かったんじゃないの……っていう感じがしないでもない。親バレがあるなら、あの義理の兄さんとの確執は要らないような。障害を詰め込みすぎて、しかも、それがどっちもさらっと流されて終わっているので、ちょっと物足りなさを感じたかも。
    でも、普通に可愛いカップルで萌えることはできました。

  • 親の再婚によって兄弟になった響と海斗。
    最初から好印象だったが、一緒に暮らしていてもうまくいっていた。
    家に誰かがいるということを一番喜んだのは海斗で、部活やら友人との約束やらで予定がいっぱいなのにもかかわらず、家にいるときはいつも響か母の傍にいた。いつしか海斗の依存度は次第に高まってゆくが、響も海斗を好ましく思っていて、二人は親には秘密で付き合い始めるが、ある夜父親に知られてしまい・・・。
    まー、ありそうな義兄弟モノではありましたが。とにかくすんなり仲良くなった感があったかな。こういうのって反発して・・・。みたいなのがよくあるパターンかとも思いましたが。
    ほのぼのまっすぐ一途系なお話でした。

  • かわいかったのはかわいかったんですが、引っかかる事もちょいちょい。子連れ同士の再婚話で、最初の顔合わせの時点であんまり会話シーン描かれてないのにお互い好印象で、ぐいぐい来るなぁ進むなぁと。良い人達じゃない!家族になろうよ!て。そこはもう前哨戦的な、本題は家族になってからだからお定まりなおざなりでも仕方ないのかなーと思いつつもちょい引っかかりました。攻の方は後に理由出てきたので納得しましたが、受は以前の再婚の際に色々あった割にすぐ信用出来るものかなぁと。
    家族になってからは可愛くはありましたが、ちょいちょい流れがよく解りませんでした。前の義兄みたいになりたくない、じゃあ家を出るよの辺りが特に。お互い会話が噛み合ってなかったけど読んでるこっちも何の話なのか解らない!ていう。受の思考回路がよく解りませんでした。
    攻「義兄みたいになりたくない」
    受「そうだね」
    て、受のその台詞は攻が自分の事を好きって知った上でないと出ない台詞だけど、て事はその時点で両想いになるのに、どういう事??その後攻にはっきり告白されるまで判ってない感じだったんですが、そうなるとおかしいよなぁと。
    まぁ無理矢理流して、かわいいね、ほのぼのらぶだねーて読んでたら残り少ないとこであの展開でえぇ!となりました。もうほのぼのらぶで終わってくれて良かったのに。5年間勿体無いよなぁと。いくら扶養されてて庇護下にあるとは言え5年間も従い続けずにもっと何か途中でどうにか説得とか努力が出来たんじゃないの?と。もっと抵抗しようよがむしゃらになろうよ頭使おうよ。そこはフィクションでいいんじゃないのかしらと。努力の方向がなんかあんまり納得いきませんでした。そんな悠長によく待ってられるなぁ。途中で事故で死んじゃったりしたら後悔してもしきれないのにね。人生の成功とかそんな視点から言えば身になったんだろうけど、幸せの観点からいけば無為に無駄に過ごした5年としか思えませんでした。親もなー。歳取っての5年はあっという間だけどあの歳での5年は貴重過ぎる代えのきかない5年なのにね。
    ところで表紙すごくいいなーと中見たらムクさん絵が。なんかおかしい…こんな絵でしたっけ?!線太いし硬いし癖を超えた崩れ方してるし、なんか残念でした。最後の絵のバランスすごかった…。丁寧なんだけどおかしい。忙しすぎるのかなーとか思ってしまいました。

  • 可愛いお話に可愛いムクさんの挿絵でしたので、文句なし!と言いたいところなんだけれど、なんとも感情移入しにくい作品でしたね。内容的に、前半は二人が兄弟として仲良くなっていって可愛いんだけれど、後半は親バレしてしまうという結構へヴィな展開なのに、攻がお子ちゃまな感じでどうも真剣味を感じさせられないというか、離れている間もかなりの努力をしているんだけど、その辺りは文章のみで書かれていて、離れている間の切なさっていう美味しい所を味わう事もなく、最後にはすんなり、親と和解ってねぇ~って感じでしたね。

  • ★4.5

    あらすじで面白そうだと思ったので手に取りました
    大鳥さんは初読みでしたが、期待通り!
    王子な弟×真面目で優しい兄の義兄弟CPがとっても可愛くて良かった…!
    最後もう一悶着あっても良かったけれど、可愛かったから良し!
    受けの母親のキャラが上手いなぁと思いました

  • すごく可愛い話で好きです。

全6件中 1 - 6件を表示

大鳥香弥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かわい 有美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×