感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本を切り口にしてどの物語も展開されていく。
    18人の小説家によるショートショート集で、
    濃縮されたエッセンスを味わうような気分になった。
    残念なのは、似たような話があること。
    逆にすごく個性的な展開もあって面白かった。
    もうちょっと読みたいと思う。

  • 本多孝好さんの「十一月の約束」と市川拓司さんの「さよならのかわりに」がまあまあよかった。

  • 「本からはじまる物語」メディアパル 刊
    本からはじまる物語。上質系の本文用紙のクリーム色。

    トーハン発行の、『しゅっぱんフォーラム』2005年1月号~2007年12月号の同名連載をまとめた短編集。
    おおよそ、人間ドラマかファンタジー、です。
    全18編。個人的には、恩田さん、梨木香歩、三崎亜記、その辺りで食いつきました。

    一部抜粋。
    『招き猫異譚』今江祥智…京都の本屋さんと猫のストーリー。京ことばが優しい。長新太さんのくだりが妙なリアリティ。
    『世界の片隅で』柴崎友香…本屋にて、女の子3人の何でもない日常。難しくて分からない本も、誰かが書いて誰かが読んで、世界が海のように広がっている、って部分、好きだなあ。僕の知らないところにある世界。
    『23時のブックストア』石田衣良…引用。《作家のようにいつも華やかなライトを浴びているわけではない。大手出版社の編集者のように会社の経費でご馳走をたべたり、のんだくれるわけでもない。それでもこうしてエプロンをつけて、ほこりまみれで働いている自分も、読者の元へ本を届けるという大きな仕事の一翼をになっているのだ。疲れているときは、悲しくなったり、きつく感じることもあるけれど、誇りをもって続けている仕事である。》

    恩田さん、阿刀田さん、三崎亜記、3篇は、本が生命を持っている、ファンタジー。やっぱり好きです。
    市川拓司と梨木香歩のお2人の奇譚は好みはあれど、引き込まれる不思議な感じ。

    結構収録作の良し悪しの差があるかな、、というところで、(3)

  • 新しい作家開拓のためにも、たまにはこういう本、ありです。

  • 本屋さんは色んな人が集まるから、
    色んな空気が混ざり合っているとおもう。

    そうやって、人と人も交ざり合っていくのかしらん。

  • 2010.8読みたい本

  • タイトルに誘われて借りました。

    本が紡ぎだす不思議なお話が大集合しています。

  • 好きな作家さんいっぱいで嬉しかったです。
    恩田さんの話、一行目から引き込まれました。小さい頃読んだ覚えのあるタイトルがたくさんで笑顔になりました。いやいやえん読みたい…
    二番目のお話、中学生あるある…と思いました。こういう不思議な出会いはとても好みです
    どれもよかったのですが、市川拓司さんの「さよならのかわりに」が、不思議な感じで特に好きです。次に好みなのが、有栖川有栖さんの「迷路書房」。紳士の最初の台詞で、どきっとします。

  •  本をテーマにしたSS

     石田衣良さんの話が、10人中7人も好きな作家が重なったことがきっかけで恋愛に発展、だったんですけれども、「うん、それは恋に落ちるな」と思いました。石田衣良さんらしいお話。ドリームで和みます。

     それぞれの作家さんの特徴が出てるなーと思ったわけなんですけれども、短い中でのまとめ方に苦心されたんだろなあ、ということを漠然と感じる作品も。

     本と猫、本が鳥よろしく飛翔する話が何作かありましたが、あれはわざとかな? 偶然かな?

  • 2011.12.3

  • 本をテーマに、短い物語が展開される。
    どれもすっと読めて、ホッとできる話が多かった。
    これだけたくさんいると、ある程度ネタがかぶってる人も多かった。

    「十一月の約束」や、「招き猫異譚」、それと「本屋の魔法使い」みたいな、本へと誘われる話がとても好きです。
    本を読みたいという気持ちが刺激される。

    猫と本には特別なつながりでもあるんだろうか。
    三篇くらいは猫が出てくるのです。
    不思議。

  • ありすがわさんのが好きだなぁ。やっぱり。

  • 有名な映画監督に15秒CM作らせて、まとめて見てるみたいな感じでしょうか。紙の本が売れないのでCM作っちゃいました、とか。本は大好きなので期待して読み始めたのですが、これはちょっとがっかり。そうそうたる作家陣なのに印象に残るものが一つも無いのも逆に凄いかも。違うお話同士がほんの少しだけ重なる仕掛けだけは、ちょっと楽しかったです。

  • いろんな作家さんの本を題材にした物語。
    それぞれの色が出てておもしろかった。
    本多孝好『十一月の約束』・いしいしんじ『サラマンダー』・市川拓司『さよならのかわりに』・山崎洋子『メッセージ』が特に好き。

  • さくっと読める本です。
    本当に短い短編ばかりだから、ちょっと空いた時間に1編読めちゃう。
    本にまつわるお話を、色んな作家さんが書いているから、色んな作風を楽しめます。
    好きな作風の作家さんを探すのにも良いかも(笑)

  • タイトルに魅かれて手に取ったけれど、私には合わなかった。
    短編集だから、短いのは当たり前だけど内容もインパクトがなくて読んでる先から頭から抜けていくような感じ。大人が読むには物足りないので、中高生向けかも。

  • 豪華な作家陣による「本」を題材とした短編集。
    ひとつひとつが短いので、ちょっとした時間の隙間を使って読めます。
    読みごたえという点では今一歩だけど読みやすさはあるので、
    活字離れしている人にもオススメ。

    一気に読むよりも合間合間にひとつずつ読んで行った方が、
    それぞれの世界に旅立ててるのでヨシ。

  • 2011/08/02読了

    やっぱり本を書く人は、本が好きなんだなあ
    本のよさを知る人にとってはたまらん物語がたくさんあって嬉しかった。
    あったかい感じ
    古紙の香り
    ページをめくるときの音
    手に取るあの感触と
    本がある今昔はいいと思うんだー、きっと
    短編なので、本当にいろんな「本」が出てきたね
    趣味としての本、恋の本、人生の本、空を舞い、夢を与える本
    本は人生の縮図でも、いいような気さえするんだ
    司書を目指す人こそ、やっぱり本がすきでなくちゃ。

  • 18人の著者による『本』にまつわるストーリー。いろいろな著者の作品が読めてお得感のある作品集ですが、1話あたり10ページ弱なので物足りなさもありました。『白ヒゲの紳士』『本屋の魔法使い』『The Book Day』が好きでした。

  • 軽~く読める短編集。本当に短かいので、好きになれそうな作家かどうかまではちょっと探れない。

  • 本絡みのアンソロジー。
    新しく気になる作家さんに出逢いたかったけど、そうでもなかった。ただ、大学時代の本屋バイトを思い出して、本屋で働きたくなった。
    まあ実際には、バイトばかりで給料安いし、独身で生きていくにはちょっと厳しい気もする。地方だし。

  • ある人の本棚で見つけて。
    とっても面白かった!
    本が大好きな私には、分かる分かるーと共感出来るお話もいくつかあり。
    やっぱり本っていいなぁ

  • 「本」をテーマにしたアンソロジー。いろいろな作家さんのさまざまなお話が読めてお得な気分になれます。それぞれの作中にもちょいちょい実在する本が登場するので、本好きにはそれだけで楽しいものになっていると思います。

  • 最初の恩田陸さんの話から引き込まれました!
    「おしいれのぼうけん」とか懐かしい・・・・
    読みながら思ったのは「本屋さんでバイトしたい!!」
    私自身すごく本好きなので、登場人物にはすごく感情移入してました。
    本好きの人は読みながら幸せな気分になれそう。

    • hannanさん
      大崎 梢さんの作品おすすめです。
      大崎 梢さんの作品おすすめです。
      2011/10/06
  • すごく短い。

    白ヒゲの紳士 二階堂黎人 
    読書家ロップ 朱川湊人
    バックヤード 篠田節子

  • “「ねえ、おじいちゃん」
    「なんだね」
    「おじいちゃんはいつもゆっくり読むね」
    書物から視線をあげ、うっすらと微笑む。白髪に細やかな陽がちらちらと当たっている。
    「おばあちゃんがいってたよ、ずっと前からそうだったって。大学の教室で会ったときも、まるで重い石をひっくり返すみたいに、文庫本のページをめくってたって」
    祖父は声にだして笑った。乾いた太鼓を指先で撫でるような声だった。私は祖父の気をひけたのが嬉しく、空のグラスにぬるい水を注ぎ足しながら、昔っから、おじいちゃんは本がいちばんの宝物なんだね、といった。”

    本に纏わる短編集。
    結構あっさりと読める。
    内容のジャンルも色々あるから楽しめた。

    “風がどうと吹いてきて、草がざわざわ、木の葉はかさかさ、木はごとんごとんと鳴った。風で木がごとんごとんと鳴るとはどういうことか、いま一つわからないが。
    きた道をもどろうとしたとき、一人が足を止めた。
    「待ちたまえ。あそこに、ほら」
    木立のあいだに、看板が見えていた。ただひと文字、本とある。
    「さすがは本の虫だ。めざとい」
    「どこを歩いていても、本という文字だけは目に飛びこんでくるさ。それにしても、こんなところに本屋があるとはね」
    「行ってみようか。どんな店なのか興味がある」
    すすきの原をかきわけて進み、木立を抜けて、店の前に出た。レストランのような西洋造りの家だ。
    こんな札が掲げてあった。古びた看板で、ところどころ文字が欠けたり、かたむいたりしている。
    『BOOK SHOP 書房 MANE どんな物語もそろいます』”

  • 本のお話 読みやすくてすぐに読み終わった

    本屋も読書も大好きです!!!

    「本からはじまる物語」

  • 本の趣味が合う人、本と猫、背表紙の文字でメッセージ。本屋は面白い!

  • 多くの作家さんによる、本にまつわる小さなお話の数々。
    初めて読む作家さんもあり、なんか新鮮。
    本が空を羽ばたく、そんな夢のような映像が、頭から離れない。

    久々に読んだ作家「阿刀田高/本屋の魔法使い」
    こんな魔法使いの本屋さん、いいなぁ。

    ちょっと不思議だけど覗いてみたいなぁ「篠田節子/バックヤード」
    本屋さんのバックヤードって、どんなんだろう・・・

    私だったらどんな本を選ぶかな「三崎亜記/The Book Day」
    こんな日が、ほんとにあったらいいなぁ。

    なんとも素敵な1冊でした。

  • 皆さんの感想を読んで「本からどんな物語がはじまるのかな?」という思いと、このタイトルにも惹かれて借りてきました。沢山の作家さんによるホッコリするような物語でした。みなさん本や本屋さんが大好きなんだな(あたりまえ)と、どれを読んでも伝わってくる作品ばかりでした。

全186件中 61 - 90件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

恩田陸の作品

ツイートする