感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「本」からはじまる物語。図書館だったり、書店だったり。ファンタジー風だったり。

    18編の短編を集めた一冊。

    今江祥智の「招き猫異譚」が絶妙。


    ネコと本。というモチーフが多かったのが印象的。

  • 装丁 / 中澤 裕志(super material.inc.
    イラストレーション / 斉藤 きよみ初出 / 『出版フォーラム』2005年1月号〜2007年12月号連載。

  • 本好きとしては素通りできないタイトルだったので借りてみた。

    いろんな作家さんの本がテーマのアンソロジーです。「招き猫異譚」が好き。他にも猫がでてくる作品もあるので猫好きにもオススメかも。
    私は犬のほうが好きですが。lib

  • 本好きにはたまらんかも!

  • フォントが恋する乙女って感じ。ちょっと可愛い。

    内容は、作者さんによりけり。ベタな話の方がおもしろい。

  • 「本」をテーマにした話。
    それぞれ、いろんな切り口で本がかかわっていて
    おもしろかった。

  • 本にまつわる18のお話。

    そうかぁ、書店に並ぶまで、こんな職人の苦労があるのねぇ・・・「飛び出す、絵本」恩田陸

    小さな本屋で、誰かを探すふうな人。もしかしたらそれは・・・「十一月の約束」本多孝好

    見立て上手な猫のしずか。ふらりと消えた彼女の功徳は?・・・「招き猫異譚」今江祥智

    暗号がつなげる秘密の恋・・・「白ヒゲの紳士」二階堂黎人

    田舎の本屋さんには魔法使いがいたんだよ・・・「本屋の魔法使い」阿刀田高

    少女の悪意とおじいちゃんの探し物・・・「サラマンダー」いしいしんじ

    読書のジャンルが異なる双子姉妹・・・「世界の片隅で」柴崎友香

    ロシア語で書かれた『若者のための革命教育』を読む猫の不思議・・・「読書家ロップ」朱川湊人

    迷い込んだバックヤードで出会った人は・・・「バックヤード」篠田節子

    貸本屋の若者が知った、ほんの少しの失意と喜び・・・「閻魔堂の虹」山本一力

    今の関係を1ミリも動かしたくない私と、不倫相手の彼との待ち合わせは・・・「気が向いたらおいでね」大道珠貴

    人生を一冊の本にしてくれるお店、そのオーナーは・・・「さよならのかわりに」市川拓司

    書棚の並べ替えに込められた、母へのメッセージ・・・「メッセージ」山崎洋子

    奇妙な看板に導かれた、本の虫が2人・・・「迷宮書房」有栖川有栖

    ぶつかると体の部分が損なわれる私。くずれおちる部分が向う先は・・・「本棚に並ぶ」梨木香歩

    書店員同士の恋の始まり・・・「23時のブックストア」石田衣良

    書店に紛れ込む自叙伝。持ち込む犯人の動機は・・・「生きてきた証に」内海隆一郎

    仕事を終えた、本の旅立ち・・・「The Book Day」三崎亜紀

    恩田・今江・いしい・市川・三崎作品は面白く読めました。
    特に恩田&三崎作品は、本当にこうであってほしいと願ってしまうような、夢のあるお話でうっとりでした。

    本を暗号に使う作品が多かったので、そういったものは食指が動きませんでした。もうお腹いっぱいです。
    あと別にこれ、舞台が本屋じゃなくてもいいんじゃない?って作品もありましたね。
    でも18もの短編がラインナップされているので、きっとお気に入りの作品がひとつはあるかもしれませんよ。

  • それぞれの作家さんのカラーを感じることが出来ておもしろかった!
    様々な切り口にちょっと感動しました。

  • 若い頃の祖父は避暑に来ていた女優の娘に恋をした。
    一週間ほど彼女に町を案内していると
    ある日彼女が素敵なごほうびをくれると言う。
    それは彼女が祖父に当てた手紙で、
    古本屋の本のどこかに挟んできたということだ。
    その日から祖父の古本屋通いが始まった。
    いしいしんじ「サラマンダー」ほか全18編。
    装丁:中澤裕志 装画:斉藤きよみ

    本をテーマにしたアンソロジーなんだけれど
    ただ本屋を舞台にしただけの作品が多い中
    いしいしんじ「サラマンダー」は小道具としての本が光る。
    市川拓司「さよならのかわりに」と
    有栖川有栖「迷宮書房」もひとひねりあって面白い。
    あと本が鳥になる話や背表紙で暗号を作る話も重複。
    最初と最後はつづいている感じがしてそれはそれでよかったけれど。

  • 本好きにはたまらないと思いますよ。豪華の作家陣が約10ページのなかにそれぞれのワールドが展開します。

    本が動物みたいでそれを狩りする話や猫がロシア語の本を読んでるの?って独特の世界観から、本屋で待ち合わせする不倫カップルに店員さんの話などなど、なんか本当に本が好きなんだな~ってわかるし、読んでいてにやけてしまうんですよね。

    自分的には。本多孝好さんの『十一月の約束』なんか好きです。
    本屋で出会うちょっと変わった本の出会い。もしこんな出会いなどしたら本を読むことをやめられないだろうね。

    山崎洋子さんの『メッセージ』も心が温まります。
    現代だからこそある悩みをたった10ページほどでこんなに描けるなんて。この後の3人の様子がどうなのか、なまら気になりますよ。

    18人の作家で18の話もあるから書ききれませんが、必ず好みの話が見つかると思いますね~。石田衣良さんの恋愛の話も良いしね。恩田陸さんみたいに幻想的なのも好きな人は多そうだし。

    でも、書店向けの雑誌でこんなの連載してたなんて、書店員さん羨ましいです。

  • “本”が関連する短編集。
    18人も作家さんがいればネタはかぶりますね。

    なぜ図書館を出さなかった!w

    本多さんの作品が良かったです。恩田さんのも意外性があって良かった。
    後は…今江祥智さん、山本一力さんが良かったです。

  • 『飛び出す、絵本』 恩田陸
    本を狩る男たち。好みの絵本を探す冒険。

    『十一月の約束』 本多好孝
    登校拒否の少年が出会った謎の男性。本を読むことを条件に大人の本を買ってもらう約束をするが・・・。

    『招き猫異譚』 今江祥智
    行きつけの本屋にいる猫。消えた猫。本を見繕う本屋。

    『白ヒゲの紳士』 二階堂黎人
    水乃サトル・シリーズ
    本屋の文庫コーナーを散らかす謎の紳士。勝手に本を整理している悟の気が付いた事実。

    『本屋の魔法使い』  阿刀田高
    田舎の本屋。注文するとすぐに届く本。本屋の店主の使う魔法。

    『サラマンダー』  いしいしんじ
    本をゆっくりめくる祖父の過去の秘密。16歳の夏の約束。

    『世界の片隅で』 柴崎友香
    台湾旅行を計画する二人。台湾の本屋。

    『読書家ロップ』 朱川湊人
    ロシア語の本を読む猫。

    『バックヤード』 篠田節子
    本屋に来る男と付き合い始めた女店員。本屋のBYにあらわれれ店員にアドバイスする謎の存在。

    『閻魔堂の虹』 山本一力
    評判の美女のお嬢様の代わりに本を借りに来る女中。

    『気が向いたらおいでね』 大道珠貴
    年上の男性と付き合う女性。料理の本。

    『さよならのかわりに』 市川拓司
    記憶をとりだし本を作る店。本を作った男性と息子の関係。

    『メッセージ』 山崎洋子
    引き籠りから立ち直りかけの書店員の面倒をみる女性。散らかる本棚。彼女の引き籠りの息子の秘密。

    『迷宮書房』 有栖川有栖
    狩りの途中に見つけた本やに入った2人の男。

    『本棚に並ぶ』 梨木香歩

    『23時のブックストア』 石田衣良
    本屋に勤める男女の恋愛。

    『生きた証に』 内海隆一郎
    本棚に勝手に並べられる本。自分の戦争体験を綴った本を販売してほしいという老人。

    『The BOOK DAY』 三崎亜樹
    本をとびたたせる風習。

    船橋図書館
     2010年7月16日読了





     

  • 「旅立ちの不安と戸惑い、新たな持ち主に出会える期待と喜び。それらを自らの羽ばたきにこめるように、力強く、そして懸命に。」(『The Book Day』三崎亜記)

    おぉぉ!!
    最後の三崎さんのがすんごく良かった!!
    ていうか、三崎節満載!
    大好きな世界観。
    いいなぁ、こういうの。

    他の話も面白いのはいくつもあったけれど、最後のこの三崎さんので物凄く引き締まった感がありました。
    さすが〜〜。

    自分だったら、どんな本の物語を書くかなぁ、なんて思ったんだよん★

    【6/27読了・初読・市立図書館】

  • 私の大好きな本多孝好さんの名前を見つけたことが、この本を手に取る最大の動機でした。
    あとは、石田衣良さんとか市川拓司さん、恩田陸さん、三崎亜記さんを始めとしたそうそうたるメンバーによるショートストーリー集。
    読んだことのない作家さんを開拓したいときには、すごく読みやすいからいいかも。
    ただ、短すぎるくらい短いので、これだけで判断はできませんが。

    読んだことのある作家さんの作品は、もちろん気に入りました。
    恩田陸さん、本多孝好さん、市川拓司さん、石田衣良さん。
    読んだことはないけど、好きになった作家さんもたくさんいました。
    阿刀田高さん、朱川湊人さん、山本一力さん、有栖川有栖さん、内海隆一郎さん、三崎亜記さん・・・。

    というか、本好きならばどの作品も面白くて素敵な魅力があると感じられるはず!!

  • 本絡みの話
    若干ネタかぶってねぇか、ってのもあったけど
    いろんな人のが読めてよかったよ
    にゃんこが本を読んでる、って話が一番好きかな

  • 本っていいなあ、な一冊。

  • 2010. 3. 4 図書館

  • 大学の図書館の読楽コーナーにて発見。
    オムニバス的な小説は、新しいお気に入りの作家さんを見つける手掛かりになるから好き。

  • これだけ良い作者が並んでいるとつい手をのばしてしまいますね;

    『本』という縛りの中でこれだけ多くの物語が生まれると、なんだか感動してしまいます。
    でも、作者数が多すぎて作品ひとつひとつが短くて物足りなかったなー。

    新しいジャンルの作者と出会えるところは素敵です。

  • 雑誌に連載された、18人の作者の、本屋を題材とした、ちょっと不思議な短編集。



    本を昆虫のように採集する話しや、魔女が開いているかのような不思議な本屋さんの話が載ってました。ちょっとかぶっちゃた感じの話しもありましたが、総じて本(本屋さん)への愛着が感じられました。

    こういうのを読むと、本屋さんに行きたくなりますね。大型ブックストアーではなくて、中小規模の町の本屋さんに。

  • タイトル通り、本に関するお話です。
    本のイメージは空を飛ぶ鳥となっているお話が幾つか出て来ました。

    アンソロジーは今まで読んだ事の無い作家さんの話が読めるのが良いですね.。

  • 本に関係する、色々な作家さんのアンソロ。
    書いてる人、かなり豪華です。よだれ出るかと思った。

    本好きな人にはたまらん内容やと思う。
    実に、私にはたまらん話でした。
    本を読むのも好きやけど、本の存在自体に感謝したいなぁと思えるよ。
    そういえばあたしも、本にいろんなこと教えてもらったなぁーって。
    オススメの項目は、恩田陸さんのといしいしんじさんのです。
    きゅぅんってなります。

  • 本好きならこれは好きでしょう!
    こういう本をテーマに書かれているお話を読むとさらに「本っていいなぁ」と思います。



    飛び出す、絵本
    恩田陸 

    ○十一月の約束
    本多孝好

    ○招き猫異譚
    今江祥智

    白ヒゲの紳士
    二階堂黎人

    ○本屋の魔法使い
    阿刀田高

    サラマンダー
    いしいしんじ

    世界の片隅で
    柴崎友香

    ○読書家ロップ
    朱川湊人

    バックヤード
    篠田節子

    閻魔堂の虹
    山本一力 

    気が向いたらおいでね
    大道珠貴

    ○さよならの代わりに
    市川拓司 

    メッセージ
    山崎洋子

    迷宮書房
    有栖川有栖

    本棚にならぶ
    梨木香歩

    23時のブックストア
    石田衣良

    生きてきた証に
    内海隆一郎

    ○The Book Day
    三崎亜記 

  • 石田衣良のはベタすぎるんじゃあ…。でも好き(笑)。

  • もっと本が読みたくなる、好きになる。

  • 2009年6月29日読了

  • 09'08'29

  • 図書館にて。
    恩田陸と三崎亜記の二人が書いていたから借りたけれど、どの作品も秀逸。
    本からはじまるものって、たくさんあると思う。いい本が読めて、幸せだ。

  • 豪華!贅沢!恩田さん、いしいさんが印象深い。最近の石田さんはなんだかなあ…(09/06)

  • (2008-1-16)

全186件中 91 - 120件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

恩田陸の作品

ツイートする