感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本に纏わる物語が18編。どの話からも著者の本好きがひしひしと伝わってくる。最初の恩田さんの話から、とても好みで!知っている絵本がたくさん出てきて、嬉しくなってしまった。
    本の数だけ物語があるって、よく考えたら凄い事だ。本の世界の無限さに感動。

    特に好きだったのは下の通り…
    「飛び出す、絵本」恩田陸
    「十一月の約束」本多孝好
    「招き猫異譚」今江祥智
    「本屋の魔法使い」阿刀田高
    「迷宮書房」有栖川有栖
    「生きてきた証に」内海隆一郎

  • 18人の作家による本にまつわる短編集。
    それぞれの作家さんの、本への思い入れみたいなものも伝わってきたり、短いながらもどの作品もおもしろかったです。
    特に山本一力さんが好みでした。

  • アンソロジーです。

    恩田さんの「飛び出す、絵本」が好き!!

  • 18人の作家からなる本にまつわる短編集。
    どの作品も本に関わる物語が描かれている。
    中でも特に気に入ったのは、阿刀田高の〝本屋の魔法使い〟(阿刀田さんは怖い話のイメージだったけど、これはハートフルファンタジー!)、猫好きなら絶対に共感できる〝読書家ロップ〟(もう、ドロップからロップと名付けるセンスが最高!)、自分も自分の本を作ってもらいたいと思った〝さよならのかわりに〟 (まさかそういうラストだったとは…)、読み終わったあとに、すごく胸があつく、あたたかくなった〝生きてきた証に〟(孫のおじいちゃんへの愛情にホロリ)
    そのほかの作品も全体的に良かったし、やっぱり本を読む本好きな人に悪い人はいないとおもう。物語の中でも、リアルな世界でも。

  • 初めての作家さんも多かったですが
    楽しめました。
    お気に入りは十一月の扉・サラマンダー。

  • 実はこの本は「ブクブク交換会」で入手しました。本の交換会で本との出逢いや本にまつわる物語のアンソロジーに出逢う面白さ。
    18名の作家によるアンソロジー。恩田陸、いしいしんじ、有栖川有栖、梨木香歩と僕の好きな作家の名前に惹かれて手に取りましたが、アンソロジーの良さは初めましての作家と出逢えることですね。そして読書の幅が広がり、また本との出逢いが待っているのですね。
    ごくオーソドックスな話からファンタジー風味、恋愛もの、パロディなどなどバラエティに富んでいるのも面白く読みました。

  • よかった☆
    1発目の恩田陸さんの話で、知ってる本がたくさん出てきて一気に引き込まれた。
    本好きにはたまらない1冊!!!
    1話10ページ前後であっという間に読めるのもいい。
    ただ、多少かぶってる話もあってそこはちょっと惜しかった。
    借りた本だったけど、手元に置いておきたい1冊だったので結局買い直した。

  • ちょい読みできて、いい。
    けど、作家探しは難しいなぁ。

  • 同じような話がありました

  • 10ページほどの短編を18人の作家が書いた短篇集。
    ほっこりした話が多く、夜眠る前に1日1話づつ読むのに合っていた。

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

恩田陸の作品

ツイートする