感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本に纏わる物語が18編。どの話からも著者の本好きがひしひしと伝わってくる。最初の恩田さんの話から、とても好みで!知っている絵本がたくさん出てきて、嬉しくなってしまった。
    本の数だけ物語があるって、よく考えたら凄い事だ。本の世界の無限さに感動。

    特に好きだったのは下の通り…
    「飛び出す、絵本」恩田陸
    「十一月の約束」本多孝好
    「招き猫異譚」今江祥智
    「本屋の魔法使い」阿刀田高
    「迷宮書房」有栖川有栖
    「生きてきた証に」内海隆一郎

  • 18人の作家による本にまつわる短編集。
    それぞれの作家さんの、本への思い入れみたいなものも伝わってきたり、短いながらもどの作品もおもしろかったです。
    特に山本一力さんが好みでした。

  • アンソロジーです。

    恩田さんの「飛び出す、絵本」が好き!!

  • 18人の作家からなる本にまつわる短編集。
    どの作品も本に関わる物語が描かれている。
    中でも特に気に入ったのは、阿刀田高の〝本屋の魔法使い〟(阿刀田さんは怖い話のイメージだったけど、これはハートフルファンタジー!)、猫好きなら絶対に共感できる〝読書家ロップ〟(もう、ドロップからロップと名付けるセンスが最高!)、自分も自分の本を作ってもらいたいと思った〝さよならのかわりに〟 (まさかそういうラストだったとは…)、読み終わったあとに、すごく胸があつく、あたたかくなった〝生きてきた証に〟(孫のおじいちゃんへの愛情にホロリ)
    そのほかの作品も全体的に良かったし、やっぱり本を読む本好きな人に悪い人はいないとおもう。物語の中でも、リアルな世界でも。

  • 初めての作家さんも多かったですが
    楽しめました。
    お気に入りは十一月の扉・サラマンダー。

  • 実はこの本は「ブクブク交換会」で入手しました。本の交換会で本との出逢いや本にまつわる物語のアンソロジーに出逢う面白さ。
    18名の作家によるアンソロジー。恩田陸、いしいしんじ、有栖川有栖、梨木香歩と僕の好きな作家の名前に惹かれて手に取りましたが、アンソロジーの良さは初めましての作家と出逢えることですね。そして読書の幅が広がり、また本との出逢いが待っているのですね。
    ごくオーソドックスな話からファンタジー風味、恋愛もの、パロディなどなどバラエティに富んでいるのも面白く読みました。

  • よかった☆
    1発目の恩田陸さんの話で、知ってる本がたくさん出てきて一気に引き込まれた。
    本好きにはたまらない1冊!!!
    1話10ページ前後であっという間に読めるのもいい。
    ただ、多少かぶってる話もあってそこはちょっと惜しかった。
    借りた本だったけど、手元に置いておきたい1冊だったので結局買い直した。

  • ちょい読みできて、いい。
    けど、作家探しは難しいなぁ。

  • 同じような話がありました

  • 10ページほどの短編を18人の作家が書いた短篇集。
    ほっこりした話が多く、夜眠る前に1日1話づつ読むのに合っていた。

  • 作家さんが本について書くと面白いね♥

  • 恩田陸、本多孝好、山本一力、市川拓司、石田衣良、三崎亜紀ほか総勢18名の豪華執筆陣による「本」「本屋」をテーマにした掌編小説集です。
    書店向けの広報誌に書き下ろしで連載されていたものを単行本にしたもので、18作品中17作品は初単行本化となります。

  • 本や本屋にまつわるショートストーリー。どれもほんわかしたり心あたたまる話で、面白かった。

  • 本好きだから楽しめた。よくわからない話もあったし、似たような話もあって残念(´_ゝ`)

  • 本に関するアンソロジー 18編

    飛び出す、絵本 恩田陸
     ほんとに本が飛び出してくるお話。発想が素晴らしい。

    十一月の約束 本多孝好
     登校拒否の中学生を本好きにしたのは・・・。

    招き猫異譚
     招き猫のお導きにより、なぜか長新太さん登場し商売繁盛に・・・。


    白ヒゲの紳士 二階堂 黎人
    本の配置を滅茶苦茶にする白ひげの紳士。ちょっとした恋愛推理小説。

    本屋の魔法使い 阿刀田 高
    注文した本を直ぐに出してくれる本屋のお婆さんのお話し。

    サラマンダー いしい しんじ
    いつもゆっくり本の頁をめくる祖父、なぜそうなったのか?幼い祖父のちょっと悲しい恋物語。

    世界の片隅で 柴崎 友香
    本屋の中で感じる、自分が絶対読まないような難しくてめんどくさい本も誰かが書いて誰かが読んでいるんだ。


    読書家ロップ 朱川 湊人
    ロシア語の本をこよなく愛する猫ロップの話し。


    バックヤード  篠田 節子
     バックヤードに飛び交う活字の魂、作家の念に驚かされ励まされる失恋した書店員さんのお話。


    閻魔堂の虹  山本 一力
     貸本屋の閻魔堂の店番とお店のやさしい女中さんのお話し。


    気が向いたらおいでね  大道 珠貴
     サバサバした不倫関係のお話し。本屋さんで始まり本屋さんで終わるけど本は主題ではない。


    さようならのかわりに  市川 拓司
     忘れていたことも相手の心も表した自分史を作ってくれる死神のお話。


    メッセージ  山崎 洋子
     本の配置が滅茶苦茶に・・・ひきこもりの店員が語った真相は・・・。


    迷宮書房  有栖川 有栖
     山の中にある迷宮書房、どんな物語でもお望み次第。


    本棚に並ぶ 梨本 香歩
     好きな梨木さんのお話だけど解らない・・・。


    23時のブックストア 石田 衣良
     閉店間際のブックストアから恋は芽生える。


    生きてきた証に 内海 隆一郎
     手作りの自分史が何回も書店の棚に置かれている。誰が、なぜ・・・。


    The Book Day 三崎 亜記
    今日は役目を終えた本達が、自ら飛び立ってゆく日・・・。

  • 2011 1/28

  • 作家さんだけあって本への暖かい想いがつまった一冊

    個人的に好きだったもの

    本多孝好『十一月の約束』

    市川拓司『さよならのかわりに』

    三崎亜記『The Book Day』

  •  本をテーマにしたSS

     石田衣良さんの話が、10人中7人も好きな作家が重なったことがきっかけで恋愛に発展、だったんですけれども、「うん、それは恋に落ちるな」と思いました。石田衣良さんらしいお話。ドリームで和みます。

     それぞれの作家さんの特徴が出てるなーと思ったわけなんですけれども、短い中でのまとめ方に苦心されたんだろなあ、ということを漠然と感じる作品も。

     本と猫、本が鳥よろしく飛翔する話が何作かありましたが、あれはわざとかな? 偶然かな?

  • 2011/08/02読了

    やっぱり本を書く人は、本が好きなんだなあ
    本のよさを知る人にとってはたまらん物語がたくさんあって嬉しかった。
    あったかい感じ
    古紙の香り
    ページをめくるときの音
    手に取るあの感触と
    本がある今昔はいいと思うんだー、きっと
    短編なので、本当にいろんな「本」が出てきたね
    趣味としての本、恋の本、人生の本、空を舞い、夢を与える本
    本は人生の縮図でも、いいような気さえするんだ
    司書を目指す人こそ、やっぱり本がすきでなくちゃ。

  • 「本」をテーマにしたアンソロジー。いろいろな作家さんのさまざまなお話が読めてお得な気分になれます。それぞれの作中にもちょいちょい実在する本が登場するので、本好きにはそれだけで楽しいものになっていると思います。

  • 最初の恩田陸さんの話から引き込まれました!
    「おしいれのぼうけん」とか懐かしい・・・・
    読みながら思ったのは「本屋さんでバイトしたい!!」
    私自身すごく本好きなので、登場人物にはすごく感情移入してました。
    本好きの人は読みながら幸せな気分になれそう。

    • hannanさん
      大崎 梢さんの作品おすすめです。
      大崎 梢さんの作品おすすめです。
      2011/10/06
  • すごく短い。

    白ヒゲの紳士 二階堂黎人 
    読書家ロップ 朱川湊人
    バックヤード 篠田節子

  • 本のお話 読みやすくてすぐに読み終わった

    本屋も読書も大好きです!!!

    「本からはじまる物語」

  • 本の趣味が合う人、本と猫、背表紙の文字でメッセージ。本屋は面白い!

  • 多くの作家さんによる、本にまつわる小さなお話の数々。
    初めて読む作家さんもあり、なんか新鮮。
    本が空を羽ばたく、そんな夢のような映像が、頭から離れない。

    久々に読んだ作家「阿刀田高/本屋の魔法使い」
    こんな魔法使いの本屋さん、いいなぁ。

    ちょっと不思議だけど覗いてみたいなぁ「篠田節子/バックヤード」
    本屋さんのバックヤードって、どんなんだろう・・・

    私だったらどんな本を選ぶかな「三崎亜記/The Book Day」
    こんな日が、ほんとにあったらいいなぁ。

    なんとも素敵な1冊でした。

  • 皆さんの感想を読んで「本からどんな物語がはじまるのかな?」という思いと、このタイトルにも惹かれて借りてきました。沢山の作家さんによるホッコリするような物語でした。みなさん本や本屋さんが大好きなんだな(あたりまえ)と、どれを読んでも伝わってくる作品ばかりでした。

  • 本好きにはたまらんかも!

  • それぞれの作家さんのカラーを感じることが出来ておもしろかった!
    様々な切り口にちょっと感動しました。

  • 本好きにはたまらないと思いますよ。豪華の作家陣が約10ページのなかにそれぞれのワールドが展開します。

    本が動物みたいでそれを狩りする話や猫がロシア語の本を読んでるの?って独特の世界観から、本屋で待ち合わせする不倫カップルに店員さんの話などなど、なんか本当に本が好きなんだな~ってわかるし、読んでいてにやけてしまうんですよね。

    自分的には。本多孝好さんの『十一月の約束』なんか好きです。
    本屋で出会うちょっと変わった本の出会い。もしこんな出会いなどしたら本を読むことをやめられないだろうね。

    山崎洋子さんの『メッセージ』も心が温まります。
    現代だからこそある悩みをたった10ページほどでこんなに描けるなんて。この後の3人の様子がどうなのか、なまら気になりますよ。

    18人の作家で18の話もあるから書ききれませんが、必ず好みの話が見つかると思いますね~。石田衣良さんの恋愛の話も良いしね。恩田陸さんみたいに幻想的なのも好きな人は多そうだし。

    でも、書店向けの雑誌でこんなの連載してたなんて、書店員さん羨ましいです。

  • 大学の図書館の読楽コーナーにて発見。
    オムニバス的な小説は、新しいお気に入りの作家さんを見つける手掛かりになるから好き。

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

恩田陸の作品

ツイートする