30%の幸せ―内海隆一郎作品集

著者 :
  • メディアパル
3.73
  • (4)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896100914

作品紹介・あらすじ

雑木林に通う少女、ガソリンスタンドで働く少年、退職の日のサラリーマン、芋ようかんをつくるおばあさん…人びとに届けられた「人生の贈りもの」。心にしみる珠玉の20篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 30%の幸せって、、、、
    始めは、50%の幸せ、、人生の半分が不幸せで、残りの半分が幸せ、、、、
    30%って、少なくないの?なんて、思いながら、この短編集を読んでみた。

    20篇も入っているのに、一つ一つ、充実感のある話。
    最初の「相棒」なんて、こんな事あれば、人と人が、優しくなれる気がする。

    最後のあとがきで、この本の表紙一つ眺めていても、一つの物語が出来あがっている。

    子供が小さい時、ブルーナのうさこちゃんの絵本で、文字が無いのに、子供と、話を作って楽しんだのを、思いだした。

    本って、やはり、楽しいね!心が豊かになるね!と、、、、、
    つらいことが多いほど、嬉しいことには敏感になれる。って、

    そして、嬉しかったことが、あれば、其の事に、感謝することを、忘れてはならないだろう。
    先ずは、この本を読んで、ほっこりした気分なれたことに、感謝!!!

  • 内海隆一郎氏の「人びとシリーズ」からのベストセレクション。既読の作品もあったが、何回読んでも心が和み、温かい気持にさせてくれる。まだまだ読み足りないので次のベストセレクションも是非出版してほしい。売り上げ次第だそうだが…。

  • しみじみ読んだ.良い本に出会った.

  • 読後感がさわやかです。

    短編集で、気楽に読み進めることができます。

    中2の娘が通う学習塾の塾長が「入試に出題される本」、として紹介し、娘のために図書館で借りたのですが、結局私だけが読んで返却しました。

    「30%の幸せ」とは、うまくつけられたタイトルだと思います。

    主人公はみなごくありふれた生活を送る人間なのですが、そこに訪れる小さな幸せに読者は心底安らぐことと思います。
    なかなか実生活で、30%の幸せに満足を感じるのは難しいのですが、自分も視点を変えて、ささやかな出来事に幸せを感じられるようになりたいと、思うのでした。

  • ほんの日常で、あたりまえに生じる寂しさ、悲しみ、そして後悔。生きていく上で、他人であろうと身内であろうと人が人と関われば、決して避けられない障害が現れる。程度に差はあろうとも、それを不幸と呼ぶなら、そこから抜け出たとき、いや抜け出すための一縷の光明が見えたとき、それを幸せと呼ぶのだろう。そして、その幸せをもたらしてくれるのも他人であり身内である。そんな温もりのある短編を贈っていただいた。

  • NHKの高校講座 現代文で本書の一番目の作品、「相棒」が取り上げられていたので読んでみた。ラジオで朗読は聞いていたけれど文字で読んでみたかった。この作品集におさめられている作品の中には、タイトルに反して、今となっては130%の幸せに見えるものも。読んでいくに従ってあまり私に合わない作品が多くて、CM曲が入っているのでアルバムを買ってみたら、CM曲以外はどうでもよかった、みたいな気分になった。

全7件中 1 - 7件を表示

内海隆一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

30%の幸せ―内海隆一郎作品集はこんな本です

ツイートする