皆川淇園・大田錦城 (叢書・日本の思想家)

  • 明徳出版社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896196269

作品紹介・あらすじ

淇園(1734~1807)父の白洲に学び、当時の諸学者と交流する。特定の学派に束縛されず、独自の淇園学を設立。錦城(1765~1825)淇園、山本北山に折衷学を学ぶ。猪飼敬所と並ぶ考証学派の創始者。

著者プロフィール

1936年大阪市生まれ。京都大学文学部卒業。大阪大学名誉教授。文学博士。専門は中国哲学史。著書は『論語 全訳注 増補版』『論語のこころ』『漢文法基礎 本当にわかる漢文入門』(講談社学術文庫)、『儒教とは何か 増補版』(中公新書)、『沈黙の宗教――儒教』『中国人の倫理学』(ちくま学芸文庫)、『ビギナーズ・クラシックス中国の古典 論語』(角川ソフィア文庫)、『加地伸行著作集』(学術専門書全3巻、研文出版)ほか多数。

「2021年 『角川まんが学習シリーズ まんがで名作 渋沢栄一の論語と算盤』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加地伸行の作品

皆川淇園・大田錦城 (叢書・日本の思想家)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×