弁護士に学ぶ!交渉のゴールデンルール

著者 :
  • 民事法研究会
3.75
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896288216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなりテクニカルな内容。交渉の本質には言及していない。本質を理解せずに、テクニカルだけを実施しても上手くはいかないだろう。それを「実践」と言っていいものか否か。

  • 実務色の強い実践的な本。
    オススメである。

  • 同業者が書いた本はあまり読まないけれど、この本は楽しく読めました。薄い本なので繰り返し読めます。

  • 札幌の敏腕弁護士、奥山先生の本。

    弁護士が法律関連の本を書くのはよくみかけますがこの本は交渉にフォーカスした本です。

    そしてこの本の本領は、後半、「交渉の場面で」「交渉のクローズの場面で」に表れているように思いました。

    実際に調査をされた、「肯定のあと否定で尋ねる」「否定のあと肯定で尋ねる」では前者の方が行動に結びつく。

    (行く?行かない?と訊くと行く、と答える確率が上がる)

    弁護士として場数を踏んだ、エッセンスが詰め込まれています。

全5件中 1 - 5件を表示

奥山倫行の作品

ツイートする