• Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896292305

作品紹介・あらすじ

読書界はじめての「きのこ文学」アンソロジー。
さまざまなきのこ関連の著作で注目を集める飯沢耕太郎の最新作にして決定版。数多の日本文学作品(古典・小説・詩・童話)のなかから、珠玉の「きのこ文学」16作品を集めた一冊。ブックデザインは、きのこ好きで有名なブックデザイナー祖父江慎(コズフィッシュ)。
きのこファンが待っていた、この冬話題のきのこ本!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとりキノコ祭り。きのこ本採集中…に大物に出くわしてしまいました!装丁がハンパないほど物すごいことになっています。事件です。購入したいのですが、なかなか入手できません。本当はレビューもしたくないほど秘密にしたい本です(笑)。図書館で借りていますが、返したくありません(笑)。収録されている文学がどストライクです。人文系菌類学入門、私の探し求めていたキノコを遂にゲット!気分はすっかりマリオです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「なかなか入手できません。」
      凝りに凝った造本!だから増刷が難しいらしいです!
      そして、港の人は今月「胞子文学名作選」を出すらしいので要チェ...
      「なかなか入手できません。」
      凝りに凝った造本!だから増刷が難しいらしいです!
      そして、港の人は今月「胞子文学名作選」を出すらしいので要チェックです。。。
      2013/09/05
    • はこちゃんさん
      nyancomaruさん、コメントありがとうございます。その後、港の人にまで問い合わせ、在庫のある近くの書店を教えていただき、無事ゲットしま...
      nyancomaruさん、コメントありがとうございます。その後、港の人にまで問い合わせ、在庫のある近くの書店を教えていただき、無事ゲットしました(^_^)v
      胞子…も、もちろんチェックしてます♪
      あれ?発売日今日か明日ですよね。
      今回は早くに入手いたします。
      2013/09/23
  • 装丁も良いし、中の紙やフォントも
    色々使われていて面白く、
    とても贅沢な気持ちにさせてくれる一冊です。
    今回は図書館で借りたのですが、
    これは手元に置いておきたいと思いました。

  • きのこきのこのオン・パレード!
    とにかく装丁が並じゃないと聞いていたが、その通り。装丁に興味のある人は、手に取ってめくってみるだけでも楽しめる本だと思う。

    内容の方も、短編だけではなく古典から詩歌まで幅広く収録されており、とてもバラエティに富んだ内容で楽しめた。

    けれどあえて言うと、私は「茸類」(村田喜代子)を読めただけで満足してしまった。
    去年、深沢七郎の「秘戯」を読んで、どぎつくて、生々しくて、悲しい、と非常に感銘を受けたけど、これも読後感が似ていた。熱くて熱くて、すぱっと行く。そのひんやりとした鋭さに、ぞっとする。

    そのほかにも、「きのこ」という特殊なくくりだからこそ味わえる妙味がたっぷり詰まった本だった。
    実はこの本に収録されている作品のうち、3作が既読で狂言の「くさびら」も観たことがあったのだが、このアンソロジーで読むとまた違った雰囲気で読むことができ、予想外の驚きがあった。
    これだから、アンソロジーを読むのは楽しい!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      次は「胞子文学名作選」でも如何ですか?
      次は「胞子文学名作選」でも如何ですか?
      2014/01/22
    • 抽斗さん
      >nyancomaruさん
      胞子~の方も装丁がすさまじいですね! でも、編者さんがこの本と違ったので、ちょっと驚きました(他にもきのこ文学...
      >nyancomaruさん
      胞子~の方も装丁がすさまじいですね! でも、編者さんがこの本と違ったので、ちょっと驚きました(他にもきのこ文学者がいたのか、という……)。
      2014/01/23
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「他にもきのこ文学者が」
      蟲文庫の店主・田中美穂は「苔とあるく」の著者で、近く「ときめくコケ図鑑」と言う本も出ます。。。
      「他にもきのこ文学者が」
      蟲文庫の店主・田中美穂は「苔とあるく」の著者で、近く「ときめくコケ図鑑」と言う本も出ます。。。
      2014/01/24
  • 「この一本のキノコはな、きみ、全キノコ類の代表なんじゃ。
     本当をいうとキノコ類一般などというものはなくて、
     このキノコがキノコなんじゃ。わかるか」  くさびら譚より

     先生!全然解りましぇーん!!でもキノコ美味しいでぇーすっ!


    本書を購入する人はかなりのキノコ好きに限られる、と思います。
    なので絶対手放さないだろうから、古本屋に出回ることは無い。
    どれだけの読者がいるのだろうか…。よくこんな本を出版したな~。

    装丁も字体も凝りに凝っていてビックリ。
    作品別に紙質も変えているので、
    カラー印刷も含めてかなりの種類の紙を使っています。
    それでもって御値段2600円という驚異的な安さ!
    赤字とか大丈夫?なレベル。出版社と編集者に脱帽だよ。
    キノコLOVEがハンパなし!!

    ただ残念なことに、この本に栞が付いてないんだよなー。
    自分がいつも使う栞だと、なんか違う気がするし。
    この本には…そう、アレを挟むのがしっくりするかも……

    今、私はこの本にキノコを挟みたい衝動に駆られています。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「どれだけの読者がいるのだろうか…。」
      3000部限定完売。だそうです。。。
      「どれだけの読者がいるのだろうか…。」
      3000部限定完売。だそうです。。。
      2014/06/20
  • 読書を楽しむよりも感覚で楽しむ本。
    書店でキノコや山菜類の見分け方などの本の間で、これでもかと言わんばかりに異彩をはなっていました。

    キノコって、文学かも知れない。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「キノコって、文学かも知れない」
      文学であり、芸術ですよね!
      「キノコって、文学かも知れない」
      文学であり、芸術ですよね!
      2012/05/02
  • 読むとか読まないとかはもうどうでもいいです、と敢えて言おう。
    本という物体を愛する人必携。質の違う紙、段組み、活字…造本のすべて凝りまくり。
    本という物体の特性を余すところなく十二分に発揮して、魅惑的。

  • 大学図書館の蔵書としては、正直微妙でした。
    装丁が凝っててすごいですが、読みにくいです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「読みにくいです。 」
      感じるための本ですから。。。
      「読みにくいです。 」
      感じるための本ですから。。。
      2014/06/20
  • “決断ていうのはさあ、あたりをきょろきょろ見回して、ちまちまと状況判断することじゃなくて、そういう流れの全部を、そういう流れの中に身を置いて引き受けるってことだとわたしは思うよ。ちゃんと決めてたくせに、自分だけ悪者ぶるのはよくないよ。ガキっぽいよ。”(p,327 南木佳士『神かくし』)

  • テーマがきのこという特殊性に惹かれて購入しました。
    収録作品はどれも面白かったです。
    きのこというテーマのせいか、マニアックだったりエロティックだったり、ちょっとどろっとした感覚の小説が多かった気がします。
    夢野久作など有名作家もあるし、高樹のぶ子のような有名だけど読んだことなかった作家もあったりで、単に小説としても面白い作品が多く、普段読まない狂言や詩などもあります。
    装丁が凝りすぎて読みにくいのが難点といえば難点ですが、めぐり逢えそうにない作品を読めたことで★4つです。

  • 全体的にぬめっというか菌糸に取り込まれたような、薄暗い気分になる話が多いきのこ文学アンソロジー。


    毒茸のような、じめっと暗く嫌らしい空気がただよう。


    芸術的な装丁は素敵だけど、若干読みにくい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「若干読みにくい。 」
      ハッキリ言って、祖父江慎は読まれなくても良いと思っているかも、、、
      「若干読みにくい。 」
      ハッキリ言って、祖父江慎は読まれなくても良いと思っているかも、、、
      2014/06/20
全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年宮城県生まれ。写真評論家。
1977年日本大学芸術学部写真学科卒業、1984年筑波大学大学院芸術学研究科修了。主な著書=『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書、1996)、『私写真論』(筑摩書房、2000)、『デジグラフィ』(中央公論新社、2004)、『写真を愉しむ』(岩波新書、2007)、『増補 戦後写真史ノート』(2008、岩波現代文庫)、『アフターマス―震災後の写真』(菱田雄介との共著、NTT出版、2011)ほか。

「2017年 『キーワードで読む現代日本写真』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯沢耕太郎の作品

きのこ文学名作選を本棚に登録しているひと

ツイートする