放課後、ゲームセンターで ~電子の精たちに捧ぐ~ (GAME SIDE BOOKS) (ゲームサイドブックス)

著者 :
制作 : 坂本 みねぢ 
  • マイクロマガジン社
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896373516

作品紹介・あらすじ

主人公の回想から"生きた記憶"を真摯に紡ぐ、半仮想回想記。少年とゲームの出会いと歩みを描いた、正統派・ゲーム青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゲームの未来を信じている方へ。
    今も昔も、ゲーム野郎は生きている。

  • 「ゲーム&ウオッチ」「ストⅡ」「スーパーファイヤープロレス」などのゲームにまつわる思い出を綴ったエッセイ。

    ところどころでニヤリとする。

  • 80年代をゲームで過ごした人には懐かしく思い当るエピソードがおもわず頬を緩ませます。

  • ゲームサイド連載のエッセイをまとめたもの。(一部書き下ろしもあります)
    筆者と世代が同じためか、共感できるものが多かった。
    学生時代の懐かしい空気に触れた感じがよかったです。

  • 名著、パックランドで捕まえて以来、ゲーム&ウオッチからストⅡまで、熱かったあの頃のゲームにまつわる短編小説。各タイトルは自分の世代よりもちょっと前のモノばかりですが
    放課後が待ち遠しくて、休み時間もゲーセン仲間と昨日倒せなかったボスの攻略を語り合って過ごした日々を思い出しました。
    ゲーム仲間内での恋愛もw

    共感できるかできないか、人を選ぶかとは思います。けれど攻略本では残せないあの熱気をこの本が残してくれると思うのです。

全5件中 1 - 5件を表示

放課後、ゲームセンターで ~電子の精たちに捧ぐ~ (GAME SIDE BOOKS) (ゲームサイドブックス)のその他の作品

箭本進一の作品

放課後、ゲームセンターで ~電子の精たちに捧ぐ~ (GAME SIDE BOOKS) (ゲームサイドブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする