羊と樅の木の歌―ルーマニア農牧民の生活誌

  • 未知谷
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896422399

作品紹介・あらすじ

春は牧羊祭、羊の乳を必死で搾り、今年最初のチーズを食べる。夏は羊たちと一緒に山へ。山の上では牧夫が羊を自在に操り、村では女たちが糸つむぎ、秋、帰ってくる羊を抱きしめる人々。クリスマスには村の天使たちが清らな歌声を響かせる。いつもモミの木に見守られて羊と共に生きるマラムレシュの40年間の記録。

著者プロフィール

みやこうせい みや こうせい1937年、盛岡市に生まれる。バルカン半島の民俗・伝承を独自の視点で研究、紹介。エッセイスト、フォトアーチストとして活躍。著書に『羊と樅の木の歌』(朝日新聞社)、『森のかなたのミューズ達』(音楽之友社)『マラムレシュ』(未知谷)『ユーラシア無限軌道』(木犀社)、写真集に『ルーマニアの赤い薔薇』(日本ヴォーグ社)、『ルーマニア讃歌』(平凡社)、絵本の翻訳に『ボリボン』(福音館書店)『金の魚』(未知谷)など。各国で写真展を多数開催し、国際的にも高い評価を受ける。東京在住

「2005年 『もしゃもしゃちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みやこうせいの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×