• Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896425383

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サマセット・モームが編んだ米英の短編集(1943年初版)から、米国人作家の六編が紹介されています。のめり込んで読み耽ったのは、A.ヘミングウェイの『フランシス・マカンバ-の短い幸せな生涯』とJ.スタインベックの『贈り物』でした。F.フィッツジェラルドの『再訪のバビロン』とW.フォ-クナ-の『エミリ-に一輪のバラを』も云い知れね深い味わいを残しました。S.モ-ム曰く、小説はプロットが大事な要素で、読者を驚かすどんでん返しのような予期せぬ展開があるのが良いとし、作品選定基準にしたようです。(県立図書館蔵書)

  • イーディス・ウォートン『ローマ熱』。練られた上質なミステリのように、渦巻く波を水面下に秘めて。

    この「私には私だけの宝石が胸のうちにあって、その秘密はお墓まで持ってゆくわ。…と思ってたけど、ちょっぴり打ち明けて、この鼻持ちならない女を完膚なきまでに叩きのめしちゃおうかしら。だって、懐かしい思い出を分かち合えるあの人はもういないんだし、そうなれば当然、外ならぬこの女と分かち合うのが最適じゃないかしらね、ふふ」的な成り行きは、同性から「無害な地味女」と思われている女性としては思わず知らず共感してしまう。(いえ、ここまで積極的に意地悪しようとしてた訳じゃなくて、ふつうに思い出話をしてただけだったんだけど、結局こんなことになってしまったの。どういうつもりだったかはともかく、結果は同じだし、違いはないわね)
    女性同士がいつもこんなことやってるわけではないですよ、念のため。でもなんか分る。

    まさにこういう物語が読みたい、という作品を、モームは自身で書いてくれただけでなく、まめに編者も務めてくれている。読み手としても相当の目利きだったのだろう。

  • さすがに既読の話が多く。モームの趣味の良さに敬服しつつ、懐かしさに浸りつつ、優雅に(自分で言うな笑)ページを繰っていたら…最終話の「ローマ熱」、アンスリー夫人の最後の一言に一撃された。1930年代の米国で、中年女性の若かりし頃に、ソレはありなのか?一瞬「…え??」意味するところが分からなかった。わー、ビックリした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

アメリカの詩人・小説家(1899-1961)。
イリノイ州オークパーク生まれ。高校卒業後新聞記者となる。第一次大戦やスペイン内乱での従軍経験をもとにした『武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』など、自身の実体験に取材した作品を多く残した。
長編小説『老人と海』が世界的ベストセラーとなる。1954年ノーベル文学賞受賞。簡素で力強い文体と冒険的なライフスタイルは20世紀のアメリカの象徴とみなされ、各方面に影響を与えた。

「2016年 『ストレンジ・カントリー THE STRANGE COUNTRY』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アーネスト・ヘミングウェイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポールオースター
村上 春樹
フェルディナント...
トルーマン カポ...
ヴィクトール・E...
J.L. ボルヘ...
カーソンマッカラ...
村上 春樹
ルイーズ・グリュ...
J・M・クッツェ...
ブルースチャトウ...
トルーマン カポ...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×