長谷川潔の世界 下 (渡仏後 II) (横浜美術館叢書4)

著者 :
  • 有隣堂
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896601541

作品紹介・あらすじ

自然の声や宇宙のリズムを銅版で表現し、画業の最後を飾ったマニエール・ノワール静物画。第2次大戦下のパリで啓示的な体験をへた後、作品は深遠なものへと変化した。半世紀におよぶ長谷川芸術の到達点を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 烏兎の庭 第一部 書評 6.15.04
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto01/yoko/ankoriy.html

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1949年神奈川県生まれ。美術史家。元横浜美術館学芸員。
「長谷川潔の世界」展(1991)他、「アジアへの眼―外国人の浮世絵師たち」展(1996年、第9回倫雅美術奨励賞受賞)、
「ポール・ジャクレー 虹色の夢をつむいだフランス人浮世絵師」展(2003)などを企画。

「2020年 『ポール・ジャクレー全木版画集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猿渡紀代子の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×