グリム・クラシックス Grimms' Classics (ラダーシリーズ Level 1)

著者 :
  • IBCパブリッシング
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896841718

作品紹介・あらすじ

森の中に置き去りにされた兄妹がお菓子の家を見つける『ヘンゼルとグレーテル』、みにくいかえるが実は王子だった『かえるの王子』、貧しい木こりの息子が魔法の杖を手に入れる『ガラス瓶の中のお化け』など、グリム童話の中から不思議なメルヘン5篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 所蔵:2F 多読本 837.7/G86

  • あんまり絵本に載せてくれない本を選んでくれていて嬉しい!

  • ヘンゼルとグレーテルってこんな話だっけ?

  • 5冊目
    YL 3.2
    総語数 7590

    累計語数 37350

    ヘンゼルとグレーテルは実はこんな話だったのか…まさか鹿になるなんて…

  • 蛙の王子様に出てくるお姫様が酷い。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

グリム兄弟●
19世紀にドイツで活躍した文学者のヤーコブ・グリム(1785年~1863年)とヴィルヘルム・グリム(1786年~1859年)の兄弟。裕福な家に生まれたが、父の死で困窮、親族の援助で大学に学び、優秀な成績をおさめた。兄は法律家としての活動でも知られる。ドイツ各地の古い民話を収集し、創作を加えて『グリム童話集』としてまとめた。160以上の言語に翻訳されたと言われ、世界中で読まれている。

「2017年 『美女と野獣 七つの美しいお姫さま物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グリム兄弟の作品

ツイートする
×