盲導犬クイールの一生 QUILL: The Life of a Guide Dog (ラダーシリーズ Level 3)

著者 :
  • IBCパブリッシング
3.79
  • (6)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 55
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896841749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 多読の効果が出てきたのか、明らかに読むスピードも早くなってきたのもうれしい限り。本の内容も感動的で、楽しく読めました。多読教材としてはお勧めです。

  • ブリーダーのレン・ミトの家に5匹のラブラドールが生まれた。その中から適した犬を盲導犬として育てる。トレーナーが呼んだ時、真っ先に来る犬は適していないそうだ。クイールはしばらくじっと考えてから行動するタイプで彼だけが盲導犬として、puppy walkerのもとに送られ、約8か月を過ごすことで人間を好きにさせる。その後訓練センターに送られ、目の不自由なミツルを主人として盲導犬として過ごすが、ミツルは2年で病気で亡くなる。その後クイールは再びセンターに戻りデモンストレーションドックとして過ごし、最後にpuppy walker が彼を引き取ることを決める。しかししばらくして彼は白血病になり、12歳で亡くなる。盲導犬は3回主人を代える。その別れはどんなに苦しいだろうと思う。人間の都合でやっていることだが、トレイナーはクイールが自分の仕事に誇りを持ちそれを楽しんでいたと信じると書いている。人間も必要とされることに喜びを感じるようにクイールもそうであったと信じたい。心からありがとうと伝えたい。

  • とても読みやすい

  • 洋販ラダーシリーズ。
    これはバツグンによかった!泣ける。何度も読み返したくなるお話し。クィールありがとう!☆

  • 日本語でも読んだことがあるので、英語でも読みやすかったです。
    毎朝、学校で読み進めていましたが、やはりラストは英語でも泣きそうになりました...

  • 盲導犬の仕事は大変だけどやりがいのある人生なんだな、と思った。人生もそうであるように、やはり誰かに必要とされ、信頼しあい、心が通じ合うことで、充実を感じるのだろう。(2008.2.14)

  • YL 3   11,040語

    健気なクイールが、かわいくて切なくて、涙が出ました。
    クイールが残した軌跡は、深く人の心に響きます。
    ありがとう、クーちゃん。

  • この話は、前にテレビで見て知っていたので、読み易かった。

  • 本の最後にはこの中ででてくる単語の辞書があり、いちいち辞書で調べる必要がありません。これから洋書をチャレンジする人にはピッタリです。

  • オール英語の本です。

    英語を少し話せるといいなぁ〜なんて思って読みました。

    QUILL クイール。盲導犬の話。
    本の帯には『英語で読んでも涙が止まらない。』と。
    いや、理解するのに精一杯で感情まで入り込めませんでした。

    しかもなかなか時間がかかってしまった…

    ちょくちょく写真があって、犬ってかわいいな、盲導犬ってすごいな。
    って思いました。

    どなたか読んでみては?

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

企画プロデュース&編集 石黒 謙吾(いしぐろ けんご)
著述家・編集者。1961年、金沢市生まれ。
著書には、映画化された『盲導犬クイールの一生』、『分類脳で地アタマが良くなる』、『図解でユカイ』、『2択思考』『エア新書』『ダジャレ ヌーヴォー』など幅広いジャンルで多数。プロデュース・編集した書籍も、『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(神田桂一、菊池良)、『ジワジワ来る○○』(片岡K)、『負け美女』(犬山紙子)、『餃子の創り方』『飛行機の乗り方』(ともにパラダイス山元)など250冊以上。

WEBサイト
http://blueorange.co.jp/blog/

Twitter
https://twitter.com/ishiguro_kengo

Instagram
https://www.instagram.com/1496kengo/

「2021年 『昭和レコード超画文報1000枚 ~ジャケット愛でて濃いネタ読んで~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石黒謙吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×