茶の本 The Book of Tea【日英対訳】(対訳ニッポン双書)

著者 :
制作 : 松岡 正剛 
  • IBCパブリッシング
4.50
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896846850

作品紹介・あらすじ

英文で執筆された『茶の本』は、1906年にニューヨークで出版された。武士道が日本文化の「死の術」を述べるものならば、この茶の本は「生の術」を謳ったものである。明治の知識人岡倉天心は、世界に向けて、東洋、そして日本文化のすばらしさを広めるために、本書を執筆した。100年経ってもなお色あせることのないその主張を、原文の英語とともに堪能したい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • -西洋はいつになったら東洋を理解するのだろう、いや、理解しようとするのだろうか?When will the West understand, or try to understand, the East?-

    1906年、東京藝術大学を設立者で、ボストン美術館の東洋部門を創りだした岡倉天心が、英文で執筆し、ニューヨークで出版された一冊。戦争の時代、武士道=「死の術」ばかりが取りざたされるなか、あえて、「茶道」=「生の術」を語りながら、世界に向けて、日本の心を知らしめるために書かれた、珠玉の一冊。「西洋」は「現代日本人」におきかえられるかも。老いも若きも、すべての日本人に読んでほしい。英文、日本文名訳、ともに堪能すべし。英語勉強にGOOD!

  • この本を読んで、初めて茶道というものを少し知った気がする。
    茶道の作法云々ではなく、その背後の精神性とも言うべきものを。
    また、茶道以外の日本文化・・・建築、作庭、美術、慣習についても理解を深めることができた。
    これを読んでますます日本の文化は世界に誇れる文化だと思った。
    今まで日本人として、何も知らなすぎた、とも感じた。中にはちょっと行き過ぎた表現があることも確かだけど、西洋礼賛の明治時代において、こうまでも確固とした日本のアイデンティティーを唱えた岡倉天心はただものではないと思った。
    逆に言うと、西洋の文化を知ったからこそ初めて日本文化の素晴らしさに気づいたということもあるのかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1862-1913。横浜生まれ。本名岡倉覚三。東京大学文学部卒。フェノロサに師事。東京美術学校校長を経て、横山大観らと日本美術院を創立。ボストン美術館東洋部長として国際的に名を知られた。生前刊行した単行本として、本著の前に『東洋の理想』、後に『茶の本』の英文三部作がある。

「2014年 『英文収録 日本の覚醒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡倉天心の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
三浦 しをん
池井戸 潤
松下 幸之助
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

茶の本 The Book of Tea【日英対訳】(対訳ニッポン双書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
ツイートする
×