麻原彰晃を信じる人びと

著者 :
  • 洋泉社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896912029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あらゆる問題を単純化して、巨悪として蓋をする(思考停止する)。そんなマスコミ的態度とは一線を画した、歴史的犯罪とその主犯となった教団について、超至近距離から考察を重ねた挑戦的な一冊。
    なぜ人が新興宗教にハマるのか?どんな深層心理があるのか?その一端を垣間見るだけでも、読む価値がある。

    取材先との距離感は、ジャーナリズムの大論点のひとつ。まるで神様かのような客観ではなく、かといって対象に陶酔しきった主観でもない。対話どころか修行まで実践してみせて、なお批判的な眼差しは持ち続ける姿勢だからこそ書けた本稿は、それを考える意味でも、大変に貴重な一冊だと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1961 年東京生まれ。ノンフィクション作家。中央大学大学院哲学科修了。『説得』で第11 回講談社ノンフィクション賞受賞。『人格障害をめぐる冒険』(草思社)、『麻原彰晃を信じる人びと』(洋泉社)、『萌えの研究』(講談社)、『夢を操る―マレー・セノイ族に会いに行く』(講談社文庫)、『ではまた、あの世で 回想の水木しげる』(洋泉社)ほか多数。編著に『本日の水木サン』(草思社)などがある。

「2017年 『オタクとは何か?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大泉実成の作品

ツイートする
×