空想哲学講義

著者 :
  • 洋泉社
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896914689

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バカボンでウィトゲンシュタインがわかる

  • 6月18日読了。マクロス、電車でGO!、アンパンマンなど古今東西のアニメ・サブカルからハイデガー、サルトル、ウィトゲンシュタインなどの哲学を読み取ろうとする意欲的な本。前半は著者のくだらない駄洒落に食傷気味になるが、中盤から俄然面白くなってくる。普段あいまいに認識している、自分・他者・世界がクリアに見えてくる驚き、これが哲学の醍醐味だよなあ。「空想哲学読本」なる前著に続く2作目で、アニメへの知識とこじつけは著者の武器のようだが、無理にこじつけなくても十分面白い本になったんじゃない?と思わせる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

河合塾講師

「2016年 『日本史《伝説》になった100人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富増章成の作品

ツイートする