戦国茶闘伝―天下を制したのは、名物茶道具だった (新書y)

著者 :
  • 洋泉社
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896918175

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国盗りに明け暮れていた戦乱の表舞台の陰で、名物と言われる茶道具が名将たちの手から手へ渡り歩いていく。力づくで手に入れられたり、主君と共に焼け落ちたり、思惑あふれる寄進や恩賞に用いられたりと、それぞれの名物の運命は悲喜様々。そんな戦国史を味つけるスパイスのようなエピソードが15章収められている一冊。茶器だけではなく、茶の湯を取り巻く話題も面白い。千宗易が利休と称するようになったのは、帝の前で茶を点てるため、俗人ではなく僧侶の身分が必要になったから。また、有楽町/数寄屋橋の名前は信長の腹違いの弟に由来するとか...

  • 「信長に渡すくらいならいっそ!」と秘蔵の茶釜もろとも爆死した松永久秀を始めとして、戦国武将たちの「茶の湯」とその「名物」にかける闘いの物語。

全2件中 1 - 2件を表示

三宅孝太郎の作品

ツイートする