山と妖怪―ドイツ山岳伝説考

著者 :
  • 八坂書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896941753

作品紹介・あらすじ

魔女の宴で有名なブロッケン山、皇帝の眠るキフホイザー山など、数々の「霊峰」を抱えるドイツ。かの地で不思議な存在感を放つ鉱山伝説の数々や、グリムの紹介でもおなじみの「ホレさま」・「リューベツァール」などの妖怪譚を題材に、山をめぐる伝説が近代へと生き延び、今なお語り継がれることの意味を多層的に問い直す意欲的論考。図版多数。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どんな伝承が語られるか楽しみ。。。

    八坂書房のPR
    http://www.yasakashobo.co.jp/books/detail.php?recordID=648

  • 【選書者コメント】日本以外の妖怪も気になるのです。
    [請求記号]3800:1676

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

奈良女子大学文学部准教授

「2017年 『文学と政治』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田孝夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする