ギュスターヴ・モロー―「自作を語る画文集」夢を集める人

制作 : Gustave Moreau  藤田 尊潮 
  • 八坂書房
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896948868

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モローが自分の絵に付けたコメント(蒐集家向けだったり耳が悪かったお母さん向けだったり)を添えた画集。個人的には絵を眺められれば十分なので、次第にモローのコメントは飛ばし読みになってしまった。ただし訳者の藤田さんによるものか、題材の解説がわかりやすくてよかった。ギリシャ神話の神様の関係など、知らないものがたくさんある。

    おなじみの絵以外には、「父なるアポロの許を去り世界を照らしにゆくムーサたち」「サッフォー」がよかった。モローが今生きていたら、映画のコスチュームデザインなんかやったかも。

  • 卒論用に。画家の自分の絵に対する発言は貴重だと思います。

  •  19世紀後半のパリで、神話や聖書に題材をとって独自の世界を描いたモローの作品と、手記。

     有名な作品が多いので、見ると、あああの絵の人かと思うだろう。でも、彼と印象派が同時代というのは、想像できなかった。印象派があれだけもてはやされパワーをもっていた時代に、こういう作風をつらぬくのは、そうとう頑固だったんだろうな、と思ったら、手記もなんだか頑固者っぽい。
     つか、とても真面目な人柄がよくでていた。

     目の保養にも、心へのエッセンスにもなる1冊。
     

全4件中 1 - 4件を表示

ギュスターヴ・モローの作品

ツイートする