フェルメール論―神話解体の試み

著者 :
  • 八坂書房
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896949131

作品紹介・あらすじ

その神話性ゆえに検証を拒んできた"孤高の天才画家"のヴェールを解き放ち、蔓延する神話的言説の解体を試みた渾身の研究書。新稿「1996年以降のフェルメール」を加え、ペーパーバック版で登場。第10回吉田秀和賞受賞。フェルメール関連古文書、財産目録など貴重な一次資料収録。作品36点のカラー図版掲載。

著者プロフィール

1948年生まれ。目白大学社会学部メディア表現学科教授。専門は17世紀オランダ美術史。ユトレヒト大学美術史研究所留学、慶應義塾大学文学研究科博士課程修了。『フェルメール論』(八坂書房)および『フェルメールの世界』(NHKブックス)の2著で第10回吉田秀和賞。『庭園のコスモロジー』(青土社)など著作多数。

「2018年 『フェルメール 作品と生涯』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林頼子の作品

ツイートする
×