世界の飼料穀物需給―トウモロコシ需給の構造変化

制作 : 農畜産業振興機構 
  • 農林統計出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897322742

作品紹介・あらすじ

日本の畜産は、輸入相手国の毎年の飼料穀物需給に大きく左右される脆弱な基盤の上に成り立っている。世界の飼料穀物需給は、自然、人為、様々な環境で大きく変動している。本書は、米国や南米など主な輸入相手国の需給とともに、トウモロコシの生産・消費において世界2位の位置を占めるに至った中国の状況をも視野に入れ、世界の穀物需給情勢を分析する。

著者プロフィール

(独立行政法人農畜産業振興機構 長谷川敦(調査情報部長)。谷口清(調査課課長代理)、矢坂雅充(東京大学大学院農学生命科学研究科潤教授))

「2010年 『中国の酪農と牛乳・乳製品市場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界の飼料穀物需給―トウモロコシ需給の構造変化を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×