農家の将来―TPPと農業・農政の論点

著者 :
  • 農林統計出版
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 9
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897322766

作品紹介・あらすじ

TPPに象徴される農業貿易自由化問題,2010年センサスから見えてくる日本農業の現状,地域に根差した地域農業再建の方向性,直接支払制度のあり方、この4つに論点をしぼり、日本の農家の将来像を鮮明に描く。農村社会に秘められた可能性を引き出し、安定した食の提供を約束する仕組みとその論理を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年10月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    通常の配架場所: 開架図書(3階)
    請求記号: 611.7//Y16

    【選書理由・おすすめコメント】
    今後の日本の農業について考えさせられる本。
    TPPに参加した場合の影響などが書かれている。
    (経済学科 2年)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1952年栃木県生まれ。1981年東京大学大学院修了、農学博士。国立国会図書館、東京農工大学大学院教授(共生科学技術研究院)を経て、2009年国立国会図書館・専門調査員、2013年同館専門調査員退任。現在、福知山公立大学教授(地域経営学部)、早稲田大学・招聘研究員。農政審議会専門委員、農林水産統計観測審議会委員、食料・農業・農村政策審議会臨時委員、北海道大学・東京大学・名古屋大学等の非常勤講師、等を務める。1983年日本農業経済学会賞、1994年NIRA政策研究・東畑記念賞。著書に、『矢口芳生著作集』(全8巻)農林統計出版、2012~2013年、ほか多数。

「2018年 『持続可能な社会論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢口芳生の作品

農家の将来―TPPと農業・農政の論点を本棚に登録しているひと

ツイートする