多元的共生社会が未来を開く

著者 :
  • 農林統計出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897323305

作品紹介・あらすじ

3・11以後の混迷する近現代文明の問題性を共生の視点から批判的に明らかにし、さらに人類史的視点から〈農〉の意義を改めて考察し、「共生の思想」とともに、近代文明の問題性とそれを超える新たな文明を展望する。日本の国のあり方、新たな文明をめざす多元的共生社会の構想を提起する。

著者プロフィール

岐阜県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程哲学専攻満期退学。社会学博士(一橋大学)。2012年まで東京農工大学大学院教授。現在、東京農工大学名誉教授。総合人間学会会長、環境思想・教育研究会会長。
著書に『多元的共生社会が未来を開く』『環境思想と人間学の革新』『増補版 言語的コミュニケーションと労働の弁証法』『遊びと生活の哲学』など。

「2021年 『21世紀の変革思想へ向けて―環境・農・デジタルの視点から』 で使われていた紹介文から引用しています。」

尾関周二の作品

多元的共生社会が未来を開くを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×