ターナー―近代絵画に先駆けたイギリス風景画の巨匠の世界 (六耀社アートビュウシリーズ)

著者 : 藤田治彦
  • 六耀社 (2001年1月1日発売)
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897373874

作品紹介

「風景の発見」の時代を代表する巨匠ターナー。彼が描いた"ピクチャレスクな風景"とは?"光と色彩と空気の絵画"とは?その天性の画才と作品の世界を探る。

ターナー―近代絵画に先駆けたイギリス風景画の巨匠の世界 (六耀社アートビュウシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 印象派に影響を与えたともいわれているターナー。
    クロードロランのような風景画を描いていた時代を経て、晩年にすごい表現を達成しています。
    絵画は、光、色、空気。
    省略で、これだけ雰囲気を語る。省略こそが伝えるのでしょうか。
    テートギャラリーでターナー、シスレー、モネという展覧会があったそうですが、見てみたかった。

  • 作品が次第に光で満ちていくその移行が見られて面白い。デッサンも入っており、彼について無学な自分には新しいことが多かった。

  • ロンドンに行ったら、必ず行ってしまうのが「テートブリテン」。ターナーコレクションが壮観で。昔の画材セットの展示を見る度に今は何と恵まれていることかと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

藤田治彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ターナー―近代絵画に先駆けたイギリス風景画の巨匠の世界 (六耀社アートビュウシリーズ)はこんな本です

ツイートする