やれば得する!ビジネス発想家事 (オトナビ・ブックス)

制作 : ももせいづみ  土屋淳一 
  • 六耀社
3.26
  • (1)
  • (14)
  • (9)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 103
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897376363

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 台所のシンクにカゴを使うアイディア。早速使います。
    収納は小さくウエストマークすると物が増えなくて良いですね。
    (洋服もしっかりウエストマークで、体重増加阻止・・・)

  • 主婦の家事労働はタダではないというコスト意識で家事を分析し、カイゼン案を提案する本。カイゼンによって生まれる時間、体力、精神的余裕を何に使いたいか、目的をはっきり持つといいかも。

  • ああ、ここからもう10年近くたっているんだ。今読むとつくづく実感する。ずいぶんいろいろ変わってきているものね。

  • 食器、収納のダウンサイジング
    保存容器のオシャレ化
    は取り入れてみたい。

    労働対価からの費用対効果はたしかに一理あるけど、アウトソーシングをした時間で自分の労働対価に見合う満足度の高いことに時間が使えるかが大事だと思う。

  • 台所のシンクにカゴを使うアイディア。早速使います。
    収納は小さくウエストマークすると物が増えなくて良いですね。
    (洋服もしっかりウエストマークで、体重増加阻止・・・)

  • 会社的に家事を考えられるともっとはかどるなあ、と再認識
    やりたくない気持ちのときでもやれる方法を考えよう

  • -

  •  ためになるコツや目から鱗の家事省略術が色々とありました。
    ・スケッパーでシンクの水切り
    ・コーヒーメーカーで手作りの出しを作る
    ・水切りカゴを二つ使いまわす
     目新しい発見を期待したのだがさほどでも無く、殆どを飛ばして読みました。洗濯の動線の悪さは私も前々から疑問だった。(ベランダに干せる人を凄いと思う……なんであんな洗面所から離れた場所にあるんだろう)
     全般、使わなくて良さそうな箇所を含めてビジネス用語満載で(ダウンサイジング→省略化、メンテナンス→維持でいいと思うんですが)、そういった本を読み慣れた方向けに思う。

  • ワーキングウーマンを対象にした家事と生き方のハウツー本。

    生活環境や男女の役割の考え方、家電の進化など、
    私たちをとり巻く環境は日々大きな変化を遂げているのに、
    家事のノウハウは両親世代から引き継がれた情報がそのまま。
    作者はそんな普段の家事をビジネスの発想で効率化することで、
    より合理的でゆとりある生活をつくろうと提案されています。

    読んですべて実行できるかというとむずかしいのだけれど、
    その発想と提案に、私はまず共感を覚えました。
    というのは結婚したての頃、お料理と家事のコツを知りたいと
    いくつかの主婦雑誌を購読しましたが、
    雑誌で紹介されるようないわゆる従来の家事のしかたでは
    ー憧れはするもののー時間的にも体力的にもままならず、
    フラストレーションがたまるばかり。続きませんでした。
    ですから、本書のちょっと大胆に思えるくらいの提案には
    ハッとさせられ、また勇気づけられもするのです。

    家事はほんとうに毎日のことですから、
    少しでも効率よく、生活の一部としてたのしめたらいいですね。
    とりあえずひとつふたつ、手軽なことから実践してみます。

  • 【目的】
    ・家事効率化のヒントを得る。

    【結果】
    ・排水口バスケットを浅型に替え、二つ用意する。それを交互に使う。一方を食器洗浄器で洗う。

全17件中 1 - 10件を表示

ももせいづみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
やました ひでこ
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

やれば得する!ビジネス発想家事 (オトナビ・ブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする