倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。

  • 六耀社
3.25
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897376745

作品紹介・あらすじ

六〇年代後半から日本のインテリアデザインを牽引していった倉俣史朗。彼はデザイナーとしての強い信念を持ち続け、トップランナーであるがゆえの孤独感に苛まれながらも自分の夢を確実にかたちにしていった。本書は、四人のクリエイターのフィルターを通して「KURAMATA」の実像に迫るものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 60年代後半から日本のデザイン界をリードした倉俣史朗。4人のクリエイターのインタビューを通して倉俣史朗のデザインと人となりを浮かび上がらせるインタビュー集。
    証言を読みながら図版を見ると、今さらながら高潔なそのデザイン力に惚れ惚れする。

  • 帯文:"デザインとは何か。その一つの答えがここにある。"

    目次:プロローグ 今,現像された倉俣史朗の夢、倉俣史朗エッセイ、平野啓一郎 小説の中で「デザインとは何か」を考える、伊東豊雄 モダニズムからその先の世界へ、小池一子 二人の反骨精神が時代を切り拓く、深澤直人 倉俣史朗と同じだけ生きてみて思うこと、エピローグ 倉俣史朗の「自由」と「感化」

  • 平野啓一郎さんの思考、文章が素晴らしかった。
    機会があれば小説を読んでみたい。

  • 倉俣さんは人を驚かすのが好きな人だったんだな。
    デザインは深い。

  • 数少ない入手可能な倉俣史朗に関する纏まった著述。倉俣史朗とは何ぞや、を知るにうってつけの一冊。名久井さんの装幀もキュート。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

平野 啓一郎(ひらの けいいちろう)
1975年、愛知県蒲郡市生まれ。生後すぐ父を亡くし、母の実家のた福岡県北九州市八幡西区で育つ。福岡県立東筑高等学校、京都大学法学部卒業。在学中の1998年、『日蝕』を『新潮』に投稿し、新人としては異例の一挙掲載のうえ「三島由紀夫の再来」と呼ばれる華々しいデビューを飾った。翌1999年、『日蝕』で第120回芥川賞を当時最年少の23歳で受賞。
2009年『決壊』で平成20年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、2009年『ドーン』で第19回Bunkamuraドゥマゴ文学賞、2017年『マチネの終わりに』で第2回渡辺淳一文学賞、2019年『ある男』で第70回読売文学賞(小説部門)をそれぞれ受賞。2014年には芸術文化勲章シュヴァリエを受章した。『マチネの終わりに』は福山雅治と石田ゆり子主演で映画化が決まり、2019年秋に全国で公開予定となっている。

平野啓一郎の作品

倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。を本棚に登録しているひと

ツイートする