ありえないデザイン (クリエイターの見方と考え方1 ソリストの思考術)

著者 :
  • 六耀社
4.00
  • (2)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897377568

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地元の知っているあれこれ、好きなデザインは梅原さんがしてたのかという初歩的な気づきが一つ。あと第一次産業のためのデザインのみ、風景を維持するためのデザインという一貫した意識の高さに感激。仕事に対する姿勢もどこまでもいごっそう。ローカルを掘り下げるとグローバルになるという明言にも納得。デザインの奥にある本質があるから廃れない、通用する。背筋が伸びる本

  • 前から梅原さんの仕事については断片的に知っていて、面白い人だなあと思っていたので、まとまった本を読んでみた。
    デザイン、という時、最近では問題解決の手法としてのデザイン思考がよく取り沙汰されてると思う。でも、この本を読むと、やはり「デザイン」そのものが持つ力と、それを提案できる揺るぎない才能、技術が大事なんだなあと改めて思う。
    最後の章、「梅原真をめぐる人々」はまた、梅原さんのキャラクターが浮き彫りになって、相当面白い。それまでの章ではすごく明確に書かれていることが、実は現場では、梅原さんの頭の中だけで展開し、周りにはすぐに伝わってなかったってあたりは、そういう人が身近にいたのですごくよく分かる。でも、そういうエネルギーが人を惹きつけるんだな、と思う。

  • 何をプロデュースするか、基本事項が列記。参考書。

  • 尊敬する梅原さんの本。
    一次産業をデザインの力でいかに盛り上げるか。

    デザインの可能性を感じます。

  • 請求番号:727.02/Ume
    資料ID:50075135
    図書館1階 学生選書コーナー

  • デザインはものづくりの基礎。確かにそう思います。
    最後の方に出てくる「図工・デ」のお話。公教育でこんな視点が持てると豊かな人材が育っていくように思います。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

デザイナー。高知市生まれ。放送局の美術スタッフとして勤務後、1980年よりフリーランス。高知というローカルに拠点を置き「一次産業× デザイン=風景」という方程式で活動する。かつおを藁で焼く「一本釣り・藁焼きたたき」。柚子しかない村から「ポン酢醤油・ゆずの村」。荒れ果てた栗の山から「しまんと地栗」。世界中どこにでもある新聞から「しまんと新聞ばっぐ」。高知県の森林率84%をおもしろがる「84はちよんプロジェクト」。そして砂浜しかない町に「砂浜美術館」のプロデュース。「土地の力を引き出すデザイン」で2016毎日デザイン賞・特別賞受賞。武蔵野美術大学客員教授。

「2018年 『おいしいデ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅原真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

ありえないデザイン (クリエイターの見方と考え方1 ソリストの思考術)を本棚に登録しているひと

ツイートする