社労士・弁護士の労働トラブル解決物語

  • 労働新聞社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897617725

作品紹介・あらすじ

不倫、セクハラ、パワハラ、長時間労働、バイトテロ……、こうした労働トラブルが訴訟などの思いもよらない事態に発展するケースがハラハラ・ドキドキのストーリー形式で展開していきます。
労務管理の事前法務や労働基準監督署への対応を数多く扱った社労士が事前法務のストーリーを、労働関係の訴訟を数多く扱った弁護士が訴訟のストーリーを執筆しています。社労士が何をすべきで、弁護士が何をすべきかが理解できます。
労務管理のコンプライアンスをどうにかしたい企業経営者、労務担当者、労働問題を専門にしたい社労士・弁護士にぜひ読んでいただきたい一冊です。

著者プロフィール

1971年生まれ。堀下社会保険労務士事務所所長。慶應義塾大学商学部卒業。明治安田生命保険、エッカ石油経営情報室長を経て現職。事前法務による企業を防衛する手法を中小企業から大手企業まで提供し、14年間の社会保険労務士業務において顧問先200社超。指導した企業は1000社を超える。自らもエナジャイズコンサルティング㈱代表取締役、社会保険労務士事務所所長として職員30 名超を抱え、経営者視点の課題解決法を提供する。全国の経済団体等の講演会毎年30回以上。

「2019年 『社労士・弁護士の労働トラブル解決物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀下和紀の作品

社労士・弁護士の労働トラブル解決物語を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする