お言葉ですが…〈別巻6〉司馬さんの見た中国

著者 :
  • 連合出版
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897722863

作品紹介・あらすじ

東洋とは、西洋とは、極東とは、アジアとは、アジア的原理とは、天下とは、皇帝とは、封建とは、先進国とは、発展途上国とは?言葉を見なおし考えなおす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 司馬遼太郎といえば、日本の歴史小説の第一人者。
    しかし中国の歴史についても、正しい視点で捉えていると、著者は言う。

    “しかし、戦国時代以降は、儒教に縛られて、豊かだった中国の思想が、逆三角形のようにすぼんでいってしまうと、司馬さんは考えていた”と、宮城谷昌光は書いている。
    その、「逆三角形のようにすぼんだ」という言い回しが、目に見えるようでうまい言いかただと褒める。

    江戸時代、幕府が学問と認めていたのは儒教であるが、それはあくまで教養ということでしかなく、生活に入り込んでくることはなかった。
    儒教を「バカな体制」と切り捨てる司馬さんを、それは正しいと著者はいうのだ。

    そもそも先に書いた『戦国時代』とは、中国の戦国時代で、紀元前の人が言ったとかやったとかの眉唾物の話に縛られるのは、バカらしい以外の何物でもない。
    今、目の前にある現実を見ないで、古典を覚えることに汲々とする。
    そりゃあ、思想もすぼむわ。

    日本が言う「天下」は、あくまでも日本国内のこと。
    中国が言う「天下」は、文字通り世界全体のこと。

    中国の皇帝は権力を持つ存在。
    日本の天皇は最初から、権力ではなく権威。

    ふむふむ、わかりやすい比較です。
    ありがとう司馬さん。

    中華民国が大陸にあったのはごく短い時間だけど、その頃を書いた小説をいくつか紹介。
    小説は「何を」書くかではなく、「どう」書くのかが大事という著者は、大陸にあった中華民国で生きる庶民の生活を、いま目にしているように生き生きと描写する汪曾祺(ワンゾンチー)のことを、今の中国で一番好きな作家だと答えるのだそうだ。躊躇なく。
    読んでみたいなあ。

  • 題名につられて読み始めたが,50ページも過ぎると司馬さんの話は何処かへ消えてしまった.残りの8割は司馬さんとは何の関係もない雑談.こんな題名付けて楽しいですか高島俊男さん.

  • 司馬遼太郎の中国観について。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1937年生れ。兵庫県相生出身。東京大学大学院修了。専攻中国文学。大学教員を経て現在フリー。主な著書に『水滸伝の世界』、『水滸伝と日本人』(第5回大衆文学研究賞)、『漱石の夏やすみ』(第52回読売文学賞)、『三国志きらめく群像』、『本と中国と日本人と』(以上、ちくま文庫)、『李白と杜甫』(講談社学術文庫)、『中国の大盗賊・完全版』(講談社現代新書)、『水滸伝人物事典』(講談社)、『本が好き、悪口言うのはもっと好き』(文春文庫、第11回講談社エッセイ賞)、『漢字と日本人』、『座右の名文』(文春新書)、『お言葉ですが…』〈1〉~〈10〉(文藝春秋)・〈11〉(連合出版)、など多数。

「2018年 『本が好き、悪口言うのはもっと好き』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高島俊男の作品

ツイートする