• Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897753645

作品紹介・あらすじ

診断に迷う、治療方針に悩む、これは誤診? 医療制度に腹が立つ! そんなとき百戦錬磨の精神科医たちはどうしてきたか。医学教科書には載っていない「現場の苦悩と知恵」が詰まったインタビュー集(一部寄稿)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2階書架 : WM203/LIF : 3410162985

  •  精神科の名だたる名医たちが忘れられない患者さんについて語るという体裁だけど、一人ひとりの文章量自体は少なく、特定の医師の話だけを目的にすると物足りない感じがある。

     ただ、その一つ一つに治療観や援助観、価値観などが凝縮されており、それぞれの医師がどういった方なのかをざっくり掴むには適しているかも知れない。本書を読んで「この先生が言っている事は良い」と思ったならば、その医師の単著に当たられるとよいのではないかと思う。
     そうでなくても、精神科医師という肩書を持つ集合内の振れ幅の大きさがよくわかる本でもある。

     評者はこれを読んで神田橋先生の本を読んでみたくなった。反対に、本書で計見先生を知ったら氏の本を読もうとは思わなかったかも知れない(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1934年奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授。精神科医。文化功労者(2013年度)。

「2019年 『中井久夫集 11 『患者と医師と薬とのヒポクラテス的出会い――2009-2012』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中井久夫の作品

ツイートする
×