口コミ繁盛店のつくり方

著者 :
  • アニモ出版
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897951355

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 口コミ術。参考程度に。具体的に書いてあるので実践しやすい気がする。

  • 非常に参考になりました。
    食べ歩きは趣味で、まさに、口コミがなぜ、発生するのだろう、と
    自分自身でもアンテナがたっていた内容でしたから、すらすらと
    読むことができました。

    ①丁度、自分も美味しい店を開発し、
    ②そこに、同僚や仲間を誘い、
    ③そのあと、お客様を誘う、ということを、じっくり体験してきたのですが、

    まさに、ここに書いてあることが、スバリ、です。

    まさに、③に行く前に、社内のメンバーに試すのですが、
    なんとも、「その店の特徴が言語化しにくい店は、誘いにくい」ということ。

    ポイントは、
    ◎メニューが多くなく、できれば一つのコースのみ
    ◎もしHPをつくるとするならば、口コミ紹介者が語っているようにしておくとよい。(たしかに、そのようにしている店はあるある!)
    ◎口コミを起こすためには、店の人の自己開示が必要で、マイヒストリーのひな形(お客さんに最もウケるパターン・・・が紹介してあります)にそってやっていく

    と、細かくノウハウが語られています。

    私は、この本から感じたのは、プロとして仕事をしていく生業としては、プロの匠として口コミにならんとあかんな、と感じました。まさに、それは、レストランとまったく同じ。なにを売りにしているのがわかりづらかったり、あれもこれもやっております、的なメニューが多い店のように、得意料理がないレストランになってしまう、と。

    やはり、
    ◎得意なプロフェッショナル領域を特定化し、それしか受けない。
    ◎その得意領域を一言でいうとなんなのか?持ち運びしやすい言葉にしておかないといけない。口コミとは、人が人に短時間で口伝えで魅力を伝える場ですから。

    とても参考になりました。
    これは、時間をかけて、作成していく価値のあるものですね。

  • 具体例もあり分かり易く書かれています。

  • 5年前から近くのスクールに通ってテニスを始めたのですが、中級クラスに上がったころから楽しくなり、土日に楽しんでいます。ところがサーブやストロークに無駄な力が入っているせいか、肘と膝に痛みを感じるようになり、1年半前に、とうとう歩くのが困難になりました。

    そこで目に飛び込んできたのが、毎日歩いている商店街にできた整骨院でした。あれから1年半、毎週のようにテニスをしていますが、整骨院でマッサージ及びテーピングを施術してくれているおかげで調子が良くなってきました。

    この本は、私がお世話になっている整骨院の院長先生が書かれたもので、題名にある通り「口コミ繁盛店」の作り方についてコンサルタントもされている経験がベースになっています。

    私も、この本で言うところの「VIP客」に認定されているのでしょうか? 客を選別するというのは、神田氏の本で初めて出会った概念だったと思います。この本の著者である花谷氏の考え方は、私が尊敬している「神田昌典氏」のそれに似ているなと思いました。

    多くの参考になったポイントがありましたが、最も共感したのは、自分の技量を言語化することは、職人の世界でもかなりの上位者でないとできない(p57)でした。

    以下は気になったポイントです。

    ・口コミは商品や技術という目に見えるものから起こるのではなく、信頼感や好印象という目に見えないものによって発生する(p3)
    ・お客さんが感じる好印象を、お店の側が目に見える形にして提供できるかで、口コミ繁盛店になれるかどうかが決まる(p3)

    ・口コミ繁盛店のキーワードは、1)お店とお客さんとの間に「特別感」を感じさせるコミュニケーションが、商品やサービスを通して行われている、2)お客さんを意識的にセレクトして「捨てている」である(p15)

    ・情報提供をして、お店に行かせて、その人からどうだったかを聞くまでが、口コミ繁盛店の作り方の準備プロセス(p22)

    ・その店の商品ではなく、その店の「人」まで語らせるようになって初めて口コミ来店は起こる(p27)

    ・自己開示による情報提供が多いほど、お客さんとの共通言語が増える、共通言語が増えるほど、口コミする際に多くの説明ができる、これを口コミフックという(p36)

    ・口コミ紹介する人は、最初は家族、それから友人に紹介するパターンが多い(p46)

    ・商品とは良いものが売れるのではなく、良さそうなものが売れる、説明しやすいものが口コミ紹介される(p56)

    ・VIP客、既存客、新規客の順番で優先的サービスをすべき(p59)

    ・すべてのお店は、販売する場所ではなく、ファンクラブの集会所(p74)

    ・ホームページは、新規顧客集客のためではなく、既存顧客がスムーズに口コミ紹介できる環境づくりのために必要(p94)

    ・遠距離恋愛は、口コミ繁盛店づくりに似ている、お互いの信頼感・マメな対応・会った時にどれだけ信頼感を残せるか、にかかる(p114)

    ・口コミが起きなくなるのは、お客さんが「忘れていく」から(p117)

    ・マイヒストリーの作り方は、出生から今日までを、年単位で良かった年と悪かった年を思い出して、線グラフにして、落差の大きい出来事をクローズアップする(p124)

    ・マイヒストリーのひな形、1)始まりの始まり(なぜこの仕事か)、2)最も辛かった(頑張った)こと、3)最も嬉しかったこと、4)将来の目指している姿(p130)

    ・割引チケットは、割引率が2割以上だと行動に結びつく(p140)

    ・すべて無条件に「はい」と答えてもらうようにする誘導方法である「YES-SET」は、口コミ紹介までしてもらえるスキル(p146)

    ・平等なサービスではなく「公平なサービス」、多くの売上や気持ちをくれた人には過分なサービスを提供する(p152)

    ・良い印象を持ってもらうには、1)目線の高さ(焦点を相手の眉間に合わせる)、2)1.2メートルの距離感、3)見送り(最後の場面が最も記憶値が高くなる)(p158)

    ・「すみません」という言葉を禁句にして、「ありがとうございます」「ごめんなさい」に切り替える(p169)

    ・思った通りに生きていない人の理由は、1)思っていない、2)その通りに沿った決断をしなかった(p197)

    ・目標のある人にとって時間とは、未来から過去に向かって動いている、未来の目標から現在を見る視点を持つためにそう感じる(p199)

    ・成功ストーリーを始めるポイントは、目標を立てた後で、「面倒」「複雑」「責任」「批判」を受け入れる覚悟を決めること(p205)

    2012年1月22日作成

全4件中 1 - 4件を表示

花谷博幸の作品

ツイートする