• Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897979021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初心者が躓きそうで重要な内容がサクサク読める感じでまとまってる。
    章ごと違う人が違う内容を書いていたので飽きずに読めた。

    JavaエンジニアがAndroidアプリ開発をやってみた感想ってのがとても参考になった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

宮嵜 淳(Miyazaki Makoto)

2002年からIT企業にて、プログラミング言語のJavaを使ったシステム開発に専念。2014年1月に株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、エンジニアとしてシステム開発に従事する傍ら、部署内の人材育成に積極的に取り組む。このとき、目の前の人材だけでなく、小中学生向けのプログラミング学習が必要であると考え、某公立中学校の学習教材提供等、子供向けの学習手法を独自に研究。その中で「アルゴリズムを何かに喩え、その習性として理解させる」という手法に至り、本書を上梓した。

「2016年 『妖怪プログラミング アルゴとリズムの冒険 しっかり考える小中学生の本格プログラミング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮嵜淳の作品

ツイートする