最強棋士 羽生善治―天才の育ちと環境

著者 :
  • 里文出版
2.75
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 31
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898063347

作品紹介・あらすじ

好きなことを1日3時間、10年続けるとプロになれる。羽生少年はこれを実行した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山田史生 著「最強棋士 羽生善治 天才の育ちと環境」、2009.10発行です。生まれついての天才か、努力の末の結果なのかを、生い立ち、修業時代、お母さんの話、将棋倶楽部の経営者などにたずね実証したとのことです。すでにわかっているであろうことを、著者をしてそこまでやらしめる、あるいはファンの多くが著者にそうさせる・・・、そこに羽生善治さんの将棋を超えた人間的魅力があるのだと思います!

  • いろいろ面白かった。結局好きなことを1日3時間かつ10年できればそれが仕事になるし、そうでなければ普通の仕事ってことか?

  • 「天才の育ちと環境」という副題につられて買った親ばか。
    羽生本人と、母親と、通っていた道場主へのインタビューが
    読みどころなのだろうが、あまり特別なことはしていない様子(^^;
    何しろ集中して将棋に強くなった、と。
    勝ち負けに恬淡としていた、と。
    記憶力に優れたところはあったかもしれない、という程度。
    育児方法としては全く参考にならない。

    看板に偽りあり、と思ったのは、「将棋ものしり事典」の章が
    本の半分くらいあったこと。これはひどい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1959年、福井県生まれ。東北大学文学部卒業。東北大学大学院修了。博士(文学)。現在、弘前大学教育学部教授。著書に『門無き門より入れ 精読「無門関」』(大蔵出版)『禅問答100撰』(東京堂出版)『龐居士の語録 さあこい!禅問答』(東方書店)『物語として読む 全訳論語・決定版』(トランスビュー)など。

「2020年 『哲学として読む 老子 全訳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田史生の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×