幸せな王子

  • リトルモア
4.05
  • (96)
  • (65)
  • (77)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 590
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898151662

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 雪が降ってくる場面の絵がとても綺麗。

    最後の部分は、日本人は、キリスト教以外の人は正しくは分からないだろうな。多少無理やりな語訳になっても、感じ方が少しでも似ている言葉を選ぶべきだと思う。
    その点、曽野綾子さんの訳は上手だったなぁ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「キリスト教以外の人は正しくは」
      この本は、清川 あさみ目当てで読んだ(と言うより眺めた)。こう書かれると気になって、曽野綾子訳と読み比べて...
      「キリスト教以外の人は正しくは」
      この本は、清川 あさみ目当てで読んだ(と言うより眺めた)。こう書かれると気になって、曽野綾子訳と読み比べてみたくなりました。
      2012/11/12
  • スクラッチ

  • 素敵な話だった。人は自分のことしか分からないから、自分の幸せを知らず人の苦労を知らず、文句を言ってしまうこともあるけど、それでもその苦労は誰かがちゃんと見ていてくれてる気がした。自分の思いを話せば分かってくれる人も、その気持ちを知っていてくれる人も、どこかにいるんだと思った。

  • 聖書に出てきそうな逸話。

  • 店頭で表紙の美しさに惹かれ手に取ると、学生時代にオスカーワイルドのHappy Princeを読んだのを思い出した。布やビーズで鮮やかに描かれた挿絵とともに、切ないストーリーに涙がこぼれました。

  • 思わず目をうるうるさせて読んでしまった。。清川あさみさんの作品は、ナマで見ないと感動は伝わらないけれど、彼女のおかげでこの本を手に取れた。ステキな絵本でした。

  • 小学校以来
    久しぶりに読んだ



    泣いた

    清川さん
    相変わらず綺麗で
    ほぼ清川さん目当てで手に取りました

  • 帯文:”だってぼくは、きみをほんとうに好きだから。” ”布、糸、ビーズで生まれ変わったあの名作。” ”100年の時を経て、色あせることのない優しさと悲しみが、現代によみがえる―”

    Lists of Works:灰色の王子、静かな街、葦とつばめ、葦との別れ、ピチョン、王子との出会い、蓮と仲間たち、貧乏な親子、エジプトの夢、若者とサファイア、港のある風景、わにのひなたぼっこ、マッチ売りの少女、金の降る街、雪、スケートをする子どもたち、…他

  • 「生きている人たちは、金があれば幸せになれると思っているからね」
    オスカー・ワイルド著の童話。
    手にとったキッカケは、清川あさみさんの挿絵でした。
    “人の醜さ”と“銅像となった王子の優しさ”が共存した少し悲しいお話です。
    “幸せ”とは一体何なのだろう。
    そう考えさせられます。
    自分を犠牲にしながらも人々に幸せを分け与えるツバメと王子。
    この二人の存在が愛おしい作品でした。
    絵本というのもたまにはいいですね。

  • やはり個性的だな。

    「死は眠りのお兄さんでしょう?」って表現に驚いた。
    初めて読んだ気がしたけど どうだったかな。

    割れた心臓の絵がキレイ。

全81件中 1 - 10件を表示

オスカー・ワイルドの作品

幸せな王子を本棚に登録しているひと

ツイートする