新しい星へ旅をするために

著者 :
  • リトルモア
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898151877

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヴォルフガング・ティルマンスについての記述は個人的には特に面白かったです。
    "新しい星へ旅をするために"、この本を手にしてページを手繰ったんだなと思えるようになれば、読後から長い時間が経過して、自分は素敵な本と数日を共にしたんだなと思えることがあれば、それは本人にとって最高の本との出会いで、望ましい読書体験になるんだと思います。
    この本が未来の自分にとってそんな1冊になれば申し分ないです。

  • 読み終わってからは、ベッドサイドが定位置。

    いろんな写真家、写真集についての文章がたくさんあって、とくにその章をよく開く。

    評論や解説のような類のもの収録されていると思うのだが(そのジャンルに詳しくないので、それっぽいというだけだけれど)、
    ときおり、ふっと薄い紙で指が切れたときのような、するどいのに輪郭がぼうっとした、
    突如降りてきた自生のことば、のようなものが紛れている。
    感想ではなく、表現でもなく、未来を追想しているような。
    時空のつながりが切れたことば。
    宙にただあるようなのに確かな。

    旅のさなかにぴたりと思考が像を結ぶときのよう。

    そういうことばになかなか出会えない。
    そういうことばに出会うのが旅だという気がする。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

編集者・クリエイティブディレクター、アートプロデューサー、京都造形芸術大学教授。1954年大阪府生まれ。坂本龍一、細野晴臣、篠山紀信、荒木経惟、蜷川実花、名和晃平らのアーティストブック、写真集を編集。展覧会のキュレイション、若手アーティストの発掘・育成・サポート、アートスタッフの育成などにも力を入れ、幅広く活躍している。

「2019年 『現代写真アート原論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤繁雄の作品

ツイートする