甘い水 (真夜中BOOKS)

著者 :
  • リトル・モア
3.31
  • (9)
  • (12)
  • (17)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 158
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898152850

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • う〜ん…わからない。
    どう解釈したらいいのか、さっぱりでした。
    何だろう、この押し寄せてくる不安感。

  • ほぅ、、とする余韻。
    ふしぎなかんかく。
    綺麗で、寂しくて、すこし、こわい。

  • ファンタジー、SF?・・・というジャンル分けは必要?。
    私を不思議でもすごくリアルな世界に連れて行ってくれた。

    装丁もいい。本を開くと「香り」がする。人工的で好きな香りではないけれど、「甘い水」の世界に誘う効果がある。

    音そして香りという抽象的なもの意識のふかいところに触れながら寓話を愉しみ現実社会のカリカチャーに引き込まれてのめり込む。

  • 東さんの本はなんと言っても、装丁、配色、タイトルが好きです。ただ、読むと・・・うーんとなってしまう。私の苦手なファンタジーな世界なんですよねぇ。うーん・・・。

  • ブックデザイン 服部一成 装画 渡邉良重

    細いラインで構成された、タイトル文字も気になるが、なんといってもカバー、そして口絵(というか扉?)に描かれた、水でできた臓器のような、何とも不気味ででも清廉なイラストが、大きなインパクトだ。

  • 不思議で、抽象的な話は、どこか不安を煽る。

    物語全体を自分の中でどう解釈して、消化して良いのかがわからず、読み終わった後もどうにもすっきりしない。
    著者がこういう話を書くのが、少し意外でもあった。

    「瓶にヒビが入ったように、目から水が出てきた。
    これは、なに。
    誤作動だ。私、間違ってる。壊れている。変だ。どこから、変になっていたのだろう。私から流れ出る水が止まらない。ヒビ割れがひろがっていく。私の水がなくなっていく。シバシ、これはなに。説明してください。最初から最後まで説明してください。私が失ったものを教えてください。私からうばったものを返してください。いいえ、なにもしなくていいから、とにかくここに来てください。今すぐ来てください。来なさい。来い、今すぐ、来い。
    来い。」

  • 不思議な余韻のまま読み終わった。
    読んでいる間は無菌室を連想していた。
    あるいは天国とはもしかしたらこんな場所なのか?
    いや、天国というよりは死後の世界?
    空間も部屋も人もみな白っぽい印象。
    誰かの夢の中を漂っているような、変な気分の小説だった。

  • 不思議な小説。村上春樹「1Q84」的な要素もあり。

  • +++
    椅子の部屋、地下通路、砂の街、十五番目の水の部屋…閉ざされた奇妙な世界を行き来しながら、途絶えることのない感情のざわめきが、静かな輪唱のように、徐々に解き放たれていく―現代を生きる私たちの寓話。見えない力に強いられ、記憶を奪われた女性の数奇な運命。“甘い水”をめぐって、命とはなにかを痛切に描いた著者渾身の最新長篇小説。
    +++

    遠い遠いところのことが語られているような、それでいて近く近く我が身の内で起きていることを見せられているような、とても不思議な読み心地の一冊である。「命」というのはそれほど遠くて近く、大きくて小さく、人の思い通りにはならないものだ、ということなのかもしれない。梨木香歩さんの『沼地のある森を抜けて』とも通ずるなにかも感じられて、しんとした心地にさせられる。

  • 2010.08.30. 装丁が美しい。水色に、ひもりは赤。よくわからないふよふよとした話。東さんは、どこへ行こうとしている。

全32件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1963年広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、エッセイ集に『短歌の不思議』など。穂村弘との共著に『回転ドアは、順番に』がある。

「2019年 『しびれる短歌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東直子の作品

ツイートする