甘い水 (真夜中BOOKS)

著者 :
  • リトル・モア
3.31
  • (9)
  • (12)
  • (17)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 158
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898152850

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好きだ、これ。
    言葉の使い方とか思考回路がなんとも素敵。
    愛らしくて哀しくて、このひとのみている世界をもっと知りたくなった。

  • ほぅ、、とする余韻。
    ふしぎなかんかく。
    綺麗で、寂しくて、すこし、こわい。

  • ファンタジー、SF?・・・というジャンル分けは必要?。
    私を不思議でもすごくリアルな世界に連れて行ってくれた。

    装丁もいい。本を開くと「香り」がする。人工的で好きな香りではないけれど、「甘い水」の世界に誘う効果がある。

    音そして香りという抽象的なもの意識のふかいところに触れながら寓話を愉しみ現実社会のカリカチャーに引き込まれてのめり込む。

  • 著者の繊細な五感が針のような鋭さで抽象する世界は、柔らかさ、静けさ、肌触り、香り、光などによって注意深く再構成された、決して辿り着けない、と同時に決して抜け出せない世界の安らぎと哀しみに満ちている。細切れのシーケンスが危うげに紡ぐ蜘蛛の糸のごとき命の連環を辿りながら、命や、その存在について考える。エンデの「鏡の中の鏡」にも通じる、ガラス箱のような物語。

  • 幻想的でふわふわとした女性的SF小説という感じ。
    読みながら、いしいしんじさんの「みずうみ」を思い出しました。
    生き物と水って、やっぱり深く同一なんだろうな。

    理由は一切分からないけれど、
    与えられた役割を受け入れて生きていこうとする者同士の結びつきが、
    なぜかうらやましくも感じられたり。

    出会うことの必然 を書いた物語でもあります。

  • 相変わらず不思議な世界を描くね。

    童話のような、きれいな、こわいおはなし。

著者プロフィール

1963年広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、エッセイ集に『短歌の不思議』など。穂村弘との共著に『回転ドアは、順番に』がある。

「2019年 『しびれる短歌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東直子の作品

ツイートする