ユニコ (上)

著者 :
  • リトル・モア
4.50
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898154045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ユニコが忘れてしまう定めなら、せめて私がずっと覚えておこう。

  • 可愛すぎて買ってしまった
    読んだことないけど
    治虫氏ならまちがいないと思うわたしは治虫氏信者(笑)

    でもお金がなかったから上巻だけ
    よかったら下巻もかうよ

  • ユニコかわいい。ユニコけなげ。ユニコせつない。

  • ゼフィルスさん待って…

  • 完璧なランチを食べた時お腹が満たされた幸福と活動する気力が満ちるように、私はとても感動しました。

    読み終えて1500円は安いと感じました。

    とくにこの巻で「美しいということは残酷なことなんです」というセリフがとても気に入りました。

    ユニコ以外で特に好きなキャラクターはチャオとロゼリア姫です。

    下巻感想へ続く。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日 - 1989年2月9日
大阪府生まれ、兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。その功績から、「漫画の神様」とも評された。1946年デビュー以後、漫画を表現とストーリーでもって魅力的な媒体に仕立てる。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』など、世に知られる多くの代表作があり、アニメ化・実写化された作品も数知れない。

手塚治虫の作品

ツイートする
×