中原昌也の人生相談 悩んでるうちが花なのよ党宣言

著者 :
制作 : conix 
  • リトル・モア
3.50
  • (6)
  • (9)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 116
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898154120

作品紹介・あらすじ

強者や勝者の教えに、ほんとうの救いはあるのか?力強く切れ味鋭い正論に否!クヨクヨして、弱弱しく生きてきた人間にしか出せない答えがある。音楽で世界的に高く評価され、小説で重賞を得ても、悩みはなくならないし、生活苦は続く…。天才・中原昌也がひねり出した55の回答。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生

  • 適当な質問と回答でサラッと読めるけれど別に面白くはない。

  • 2018/7/30購入
    2018/8/31読了

  • 何かで紹介されてて面白そうと思って借りたけど、そうでもなかった。すごい薄い本。字も大きいし、漫画みたいな絵も入るし。質問ごとにオススメ映画が載っている。しかしプロフィールの長さが半端ないんですけど。

  • ユーモアはあるが、誰もが完全に納得かというと疑問

  • あとがきだけでも読む価値があると思います。

  • 最近通っているヘアサロン、お店がとてもお洒落なのに、本棚にこんな類のサブカル本がたくさん並んでるところが気に入ってます。ヘアカラーしてもらってる間にさらっと読み。

    いろんな人のいろんな悩みに中原さんが答えて、さらにその悩みにフィットするオススメ映画まで紹介されちゃうという一石二鳥な構成の本。悩み事も、それに対する答えも、マトモなんだかふざけてるんだか。でも結構いいこと書いてたりもする。
    中原昌也はその音楽のとっつきにくさと、文章のマトモさのギャップにやられます。

    本の中で紹介されている映画がお悩みごとにいちいち的確ですごいなぁと思ったのですが、これは中原さんご本人ではなく編集の方がセレクトしたんだとか。

  • あらゆる人生相談の本を読んできたが、この本が一番共感出来る。

  • 早く認知症になって何もかも忘れろ、目の悪い人と付き合え、舌打ちの練習をしろ、金を返してもらおうと思うのがセコい、クスリでもやっていない限り恋愛のキラキラは続かない、飲み会が苦痛な人の相談に、飲めない人はダメな人って言っちゃうし、超絶適当なんだけど、人生って素晴らしいなって思えてきます(たぶん)

  • 914.6

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

《Hair Stylistics/中原昌也》
1970年6月4日東京都生まれ。
1988年頃よりMTRやサンプラーを用いて音楽制作を開始。
1990年、アメリカのインディペンデントレーベルから「暴力温泉芸者=Violent Onsen Geisha」名義でスプリットLPをリリース、ソニック・ユース、ベック、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンらの来日公演でオープニング・アクトに指名され、
1995年のアメリカ・ツアーを始め海外公演を重ねるなど、国外での評価も高い。
1997年からユニット名を「Hair Stylistics」に改める。

音楽活動と並行して文筆活動も多数。
1998年に初の短篇小説集『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』(河出書房新社)を発表した後、
2001年に『あらゆる場所に花束が……』(新潮社)で三島由紀夫賞、
2006年に『名もなき孤児たちの墓』(新潮社)で野間文芸新人賞、
2008年に『中原昌也作業日誌 2004→2007』(boid)でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。

「2018年 『"Hair Stylistics CD-R Cover Art Works" BOOK WITH CD "BEST!"』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原昌也の作品

ツイートする