組織が勝つための知恵─いま、戦争論クラウゼヴィッツを読み解く (WAC BUNKO)

著者 :
  • ワック
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898316665

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 諸外国のシビリアンコントロールとは対外問題を解決するために軍事力を使うのか使わないのか、その決定権は軍ではなく政治にあるということ。
    日本は軍人は戦争が好きで、いつでも戦争をやりたがっている、シビリアンが見張っていないとダメだという考えに支配されて、見張られている。

    戦争ではシミュレーションの結果通りにはならない。
    戦争を始める前に、戦争の目的と戦争の目標を明確にすることが必要。
    現代の先進国の戦争では、まず最初に航空優勢をとることが重視される。
    戦闘は戦力の集中競争という一面がある。要するに優勢な戦力が勝つおいうこと。
    戦争において情報は重要なファクタ0である。
    軍事力を直接使わない国家間の戦争で主流となるのは、いってみれば情報戦争という種類のものである。

全1件中 1 - 1件を表示

田母神俊雄の作品

組織が勝つための知恵─いま、戦争論クラウゼヴィッツを読み解く (WAC BUNKO)を本棚に登録しているひと

ツイートする