2014年〜 世界の真実 (WAC BUNKO)

  • ワック
3.56
  • (2)
  • (16)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898316818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国は政治と軍が分離している。

    日本は決して悲観するような未来があるわけではない。ニュースや報道の表面からは見えてこないリアルな真実。
    マスコミは国民の自信を喪失するような扇動的な報道を慎むべきだと改めて認識させられる。

  • レールとパイプラインから資源政策を分析する論は非常に興味深かった。さらに、中国の軍閥の分析も説得力がある。また、重電や炭素繊維から将来の日本経済を見るという発想も勉強になった。

  • この本は昨年の今頃(2013.7)に長谷川慶太郎氏によって書かれた本ですが、このときに予想されている、アメリカは復活し、中国は成長が難しいという考え方は今も読む価値があると思いますので、今でも大事だと思うポイントを中心に纏めておきたいと思いました。

    以下は気になったポイントです。

    ・アベノミクスの狙いは、戦後の成長を支えてきたすべてのシステムを見直して、すでに時代遅れとなった部分は新しい情勢に適応した内容と入れ替える制度改革を全面的に実施しようとしていること(p4)

    ・1931年、高橋是清が大蔵大臣になる直前にイギリスが金本位制を離脱、日本も離脱することで円高から円安へ路線転換した。その結果、円相場は1ドル=2円から4.85円と、2.5倍の円安となった(p23)

    ・オバマ大統領は第一期目にはグリーンニューディールとして太陽光発電を持ち上げたが、今は全く触れずに、最近はシェールガスのみ(p31)

    ・アメリカGMは労働者の平均年収が2.7万ドルであり、トヨタはGMの2倍以上の高賃金である(p36)

    ・日本の金融機関の国際部は儲けている、大口の中長期資金を提供できるのは世界で日本の銀行のみなので、欧州銀行が債権回収、保有資産売却、貸し剥がしをしていいるから(p37)

    ・日本国内においても、60キロレール(1メートルの重さが60キロ)から80キロレールに交換中、東北新幹線の「はやて」が青森まで3時間になったのはこのため、東海道新幹線はすべて80キロ、ただし山陽新幹線は広島まで、この80キロレールを作れるのは世界で、JFE扇島と、新日鉄君津のみ(p56、84)

    ・1バレルが80ドル以下だとロシアは外貨獲得が難しくなる(p69)

    ・コロラド州は、巨大な鍬を使って牧草地を掘り起こして、牧畜州から農業州に変わった。このためトラクターが活躍した(p86)

    ・米ドルが基軸通貨なのは、貿易金融のため。2011年で年間15兆ドル、90日サイトで4分の1である3.75兆ドルの資金が必要、これを調達できるのはニューヨークのみなので(p90)

    ・西ドイツが東ドイツを統合するとき、フランスの反対に対して、当時のコール首相は、ドイツが通貨のマルクを廃止してフランスと共通の通貨を使うことを提案した(p92)

    ・東日本大震災の仙台空港の修復は、アメリカ軍が応援したのではなく、アメリカ軍が直接やった。同様に松島空港の修復を自衛隊がやったが、2ヶ月かかった、アメリカは2週間で修復した(p104)

    ・米国の原子力空母を収容できるドックは地球上に4箇所、横須賀6、佐世保4と、サンディエゴ、ノーフォークのみ(p164)

    ・東京電力は配電送電に設備投資の40%、日本の電力は質的に世界一(p183)

    2014年7月20日作成

  • 2014/06/20:読了
    アベノミクス
    21世紀はデフレの時代
    アメリカの復活
    中国の崩壊
    日本の活路

  • 中国の今後の動向や,新しいエネルギーなどこれからの世界の動きが見えてくる。

  • 国際エコノミスト長谷川慶太郎による、2013年7月時点で出版された2014年の予想。
    予想を裏切る大胆な予測はないような、今だからそう思うのか。
    年末に読み返すと、今後の参考になるかもしれない。

  • 戦争のない時代はデフレになる、シェールガスでアメリカは復活する、中国は近い将来内戦が起き崩壊する、日本の重電機技術は韓国も真似できない、日本の未来は明るい、理系の教育がますます重要、日本が家電で稼ぐ時代は終わり、重電で稼ぐ時代になった、パナソニック、シャープ、ソニーが駄目で、三菱や東芝や日立が生き残る。という内容でした。当たるかどうかは数年後に再読して検証しましょう。

  • 将来の日本の活路は?
    ■結論
    日本が今後も世界の中での地位を向上させていけるかは、日本の技術を輸出し、世界のインフラ事業を担えるかどうかに掛かっている。
    ■背景
    日本は技術貿易では圧倒的な黒字を計上しており、「ものづくり」を支えるノウハウは他の追随を許さない。自動車や家電等、これまで日本を支えてきた産業の一部は海外の企業に逆転されたものも少なくないが、重電については、設備投資に多大なコストが掛ることから海外の有力企業も手を出せない状況にある。さらに、メタンハイドレートが商用化されれば、国内で資源を賄うことができるので、世界各国との交渉力も高まる。
    今後、アメリカはシェールガス革命により、さらに世界の中でイニシアチブを強めることが予想されるが、技術力に関しては、日本に頼らざるを得ない面もある。また、中国はかつてのソ連のように自然崩壊することが目に見えている。
    このような世界情勢の中で、日本はその技術力によって世界経済を支える存在になり得る。
    ■求められていること
    競争力のある分野にいかに人財を結集できるかが最大のキーとなる。
    そのためにも、国が各種法規の整備を通して労使慣行の見直しを図り、企業がリストラを断行できる状態を作ることが望まれる。これにより、本来の意味での「リストラ」=「リストラクチュアリング:再構造化」を叶えることが必要である。
    また、教育の重要性はますます増していく。「ものづくり」を直接的に担う優秀な理系の学生を育てることはもちろん、技術者に成果を出してもらうための環境作りや日本の技術力が世界の中で活きる仕組み作りを果たせる文系の学生を育てることの大切さも忘れてはならない。

  • エコノミスト長谷川慶太郎さんの本。今後の世界経済の流れを予測してます。新エネルギーによるアメリカの復活、その構造ゆえの中国崩壊。そして日本の活路を重工業に見る。非常に解り易く、楽しく読めた。201310

  • 1. シェールガス、メタンハイドレート
    2. 中国の内乱による崩壊
    読みやすく、筆者が目で確かめた情報であり信頼感がある。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

国際エコノミスト。1927年京都生まれ。大阪大学工学部卒。1983年『世界が日本を見倣う日』で第3回石橋湛山賞受賞。1986年すでにデフレ時代の到来を予測した『日本はこう変わる』は60万部の大ベストセラーとなる。毎年恒例の年度版シリーズの著書『2017 長谷川慶太郎の大局を読む』でトランプ新大統領誕生を予測した分析力は高く評価される。翌年出版の「2018年度版」では10月の衆院解散時期、自民党の大勝、習近平の独裁強化、米国経済の動向をピタリと予測している。

「2018年 『習近平の真意 異形の大国を操る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長谷川慶太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
デール カーネギ...
長谷川 慶太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

2014年〜 世界の真実 (WAC BUNKO)を本棚に登録しているひと

ツイートする