「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)

著者 :
  • ワック
4.00
  • (9)
  • (11)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 100
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898317075

作品紹介・あらすじ

唖然とする歴史の真実を知る!超大国・アメリカを動かす実体とは?グローバリズムを推し進める国際金融資本とは?歴史を読み解く鍵はユダヤ思想にある!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 京都大学3年の在学中に外交官試験に合格してしまい、やむなく「中退」して外務省に入省、英国ケンブリッジ大で研修期間を経て最終的にはウクライナ兼モルドバ大使を務めた馬渕センセイ。現在は保守系の動画サイト「日本文化チャンネル桜」でグローバリズムに反旗を翻すソフトな論客としてご活躍中のセンセイが、近年の中韓による反日姿勢は実はアメリカが操っていると分析する。世界を牛耳っているのはアメリカでもロシアでもなく「ユダヤ金融」に他ならないとし、18世紀の建国以来ずっと歴史に暗躍する超大国を動かす黒幕に迫る。東アジアは日中韓がそこそこ反目し合っている方が都合の良いアメリカの内情を暴き、グローバリズムへの反旗を翻す。

  • TPPの行き着く先は関税ゼロ。つまり、国家主権の最たるものの関税自主権を奪おうとするもの

    グラバー 香港のジャーディン・マセソンという財閥の代理人 ユダヤ勢力のフロント組織

    ロシア革命はユダヤ革命

    ロマノフ王朝打倒のため、ユダヤ人のヤコブシフが日本の国際を勝った

    アメリカの民主主義は操られた幻想に過ぎない

    大統領側近にユダヤ系有力者が送り込まれる

    国を持たないことがユダヤ人の安全保障

    アメリカの歴史は通貨発行をめぐる戦い

    FRB 連邦政府の期間でなく民間銀行 株主情報は公開されていないが主要な株主はロスチャイルド系の銀行

    日本銀行は政府の出資が55%

    合衆国憲法では貨幣鋳造の権限は連邦議会が有すると規定しているにも関わらず、県央違反の民間の中央銀行が設立された 1791

    20年で期限切れとのときに更新が連邦議会で否決された
    ロンドンの銀行家が怒って1812に英米戦争

    戦争の結果 政府債務3倍、インフレ 中央銀行が必要だということで合衆国第2銀行設立 20年で期限 ジャクソン大統領が更新を拒否
    中央銀行がないので、一般銀行が銀行券を流通させた

    リンカーン 戦費の調達ができず、政府の信用をもとに独自の紙幣を刷った グリーンバックス

    ロンドンの銀行家は南軍にも北軍にも戦費を貸し付けて儲けようとしたが当てが外れた

    リンカーン暗殺 犯人 ジョン・ウィルクス・ブース 南部連合の財務長官であっったユダベンジャミンにに雇われていた

    1900 アメリカで金本位制

    1913 クリスマスイブの前日連邦準備法案 議会に提出

    イギリスの首相もロンドンシティの意向に逆らえない
    サッチャー、ニクソンも

    アメリカ政府を動かしているのはウォールであり、それを実質的に支配しているのがロンドンシティ

    ケネディ暗殺も財務省通貨を発行したこと
    1963 大統領令で銀兌換の財務省券を総計43億ドル発行した(2,5ドル) 10ドル札と20ドル札を印刷した時点で暗殺された

    レーガン暗殺未遂 政治家はFRBにタッチすべきでないという警告

    ピューリタンは純粋に神の言葉に帰ることを目指しましたが、神の言葉に帰るというのは旧約聖書の教えに忠実に帰るということで、ユダヤ教に帰るということにも通じます

    ピューリタンは宗教上の分類をすると、キリスト教のプロテスタントの一派ということになりますが、思想においては、ユダヤ教に非常に近い

    1940/10 マッカラム覚書

    日本の機動部隊はハワイの軍事施設のみを攻撃目標にしており、民間人を標的にしていませんでした。
    ただし、なぜ真珠湾の石油施設や修理施設を攻撃しなかったのか謎が残っている

    ベトナム戦争でアメリカ社会が疲弊していく間にWASPが力を失っていき、国際主義のユダヤ人たちが重要ポストを握った

    日本がいくら不拡大を望んでいても相手が戦争を仕掛けてくる以上、支那事変から逃れられられなくなった

    南京陥落 蒋介石は和平を拒否 蒋介石の背後にアメリカがいて、日本と戦争をつづけさせて、蒋介石を疲弊させたかった→毛沢東に有利

    支那事変の裏で蒋介石とサッスーン財閥が大儲け

    日本は朝鮮の分割統治をせず、善政
    日本が善政を敷いたがゆえに彼らはそれを受け入れてしまった。そこが心理的に耐えられないのだろう

    韓国は1997年のアジア通貨危機のときにIMFの管理下に入った
    韓国の大手企業のほとんどが外資に株を握られている


    日本の朝鮮統治は善政であったがゆえに、韓国人は版日にならざるを得ないのです。そして、うらみの対象は日本人でなく、実は朝鮮統治の善政を受け入れてしまった自分たちの先祖であるのです

    つまり、日本の善政を受け入れた先祖の不甲斐なさを恨んでも恨みきれないということではないかと思います

    東南アジアの旧植民地諸国は宗主国に対する独立戦争を経て独立を獲得した。これらの諸国が旧宗主国を恨んでいるという話を聞きません

    ユダヤ系国際資本が狙ったのはロシアの天然資源
    オリガルヒと呼ばれる7つの新興財閥 うち6つがユダヤ系

    2000年に大統領に就任したプーチン
    ユダヤ財閥を追放し、天然資源を取り戻した

    グローバリストの企みを潰せるのは日本とロシアのみ

  • タイトルに惹かれて読了。

    近頃の日中韓の関係について気になるため、手に取ってみたが、第二次世界対戦以前に遡って歴史的事実を解説しており、面白かったと共に読みやすかった。

    様々な歴史的側面をかいつまんだ入門書的1冊。

  • 日本を精神的分裂に陥れようとしている韓国を操るのは実はアメリカによる政策であると主張する。その説明は良いが、全てがロスチャイルドやロックフェラーの某略に収斂してしまいそうな説明

    だが、結論部分は至極まっとうである。
    ユダヤ人のグローバリズムに抵抗できる勢力として、日本とプーチン・ロシアが未だ残っていて、連携すべきと説いている。グローバリズムの支配を脱するためロシアと仲良くしろと言うアドバイスは、植草氏の25%の票を集めると政権を覆せると言う主張より具体的且つ説得力がある。

  • 戦争やグローバル化の裏では国家をもたないユダヤ民族が暗躍しおており、金を稼いでいた。
    国際機関、メディアにもユダヤ民族は散らばっており、
    上手く金を稼いでいる。この本ではロシアを強い国家主権を持った国の1つとして挙げている。
    日本もアメリカの言いなりにならず、国の産業を守っていった方がよいね。

    メモ
    1、グローバリズムあるいは国際主義というのは、突き詰めて言えば、各国から国家の主権を廃止することを目的としています。
    →TPP、IMF全てはそうだ。
    2、散らばったユダヤ民族が、各国で国王や政府から迫害を受ける可能性があります。それをさせないために、彼らは国王や政府に金を貸してコントロールする方法を考えつきました。金融による支配です。
    →国家をもたないユダヤ民族は金貸しで発展してきた。
     ユダヤは戦争をさせれば金儲けができる。

    3、通貨を発行するたびに財務省がFRBに借金をする形になり、利子を払う事。自国の通貨を発行するのに、アメリカ政府はFRBの株主である民間銀行に借金をして利子を払っている。
    →通貨発行期間が民間なのでアメリカは通貨発行の度に利子を払う必要がある。
    日本の日銀は政府が多くの株を握っているのでこのような事にはなっていない。

    4、植民地支配とは文明の劣ったところにいって収奪・搾取するものです。日本が朝鮮でしたことは併合です。
    併合された地域と人々が繁栄するようにして1つの国として運営することです。

  • 2015/06/24:読了
     いろんな人が、韓国の反日は、アメリカの政策って言ってるが、それがわかりやすく、まとめて書いてあるので、取っつきやすい良い本だと思う。
     中国の場合、アメリカに操られてという要素より、中国が自身の判断で、損得を考えながら、押したり引いたりしているような感じを持っている。
     まぁ、アメリカがどうぞどうぞって言っているときは、それが、露骨になっているという面はあるだろう。
     この人の安倍さんの評価は、グローバリズムに抵抗して「日本を取り戻す人」というもの。
     安倍さんの評価は、10年くらいして、日本がどうなっているかで決まるんだろう。『言いなりになってる』説、『言いなりになりつつ軍事大国化を目指している』説、『日本らしさを残しつつ普通の国を目指している』説など、入り乱れてて、良く分からない。

  • あっという間に読めてしまいます。歴史的事実に基づき、首脳、重要人物が発したその時々の言動を深読みする。

    その読み方には著者の確固たる信念に基づくパースペクティブがある。

    ユダヤ国際金融がとってきた歴史的事実から史実を読む。

    今までどうしても腑に落ちなかったことが、腑に落ちてしまう。

    恐るべしユダヤ国際金融資本。

    立ち上がれ、日本、そしてプーチンという真のナショナリストたち。

  • ちょっと偏った感じ。。



    目次を

    まえがき
    第1章 世界史の逆説を見抜く鍵
    TPPの行き着く先は「主権」の廃止
    ウォールストリートは社会主義者の集まり
    第二次世界大戦でアメリカとソ連はなぜ組んだのか?
    明治維新も日露戦争もユダヤ財閥がかかわっている
    日本では教えられない「二十世紀はユダヤの世紀」
    ロスチャイルドの前に立ちはだかつたロシア皇帝
    ロシア革命はユダヤ人解放のための革命
    ロシア革命でユダヤ財閥は大儲けをした
    ロマノフ王朝打倒のために日本を利用したヤコブ・シフ
    アメリカを操り始めた社会主義勢力
    ユダヤ人がアメリカを第一次世界大戦に参戦させた
    アメリカの民主主義は操られた幻想に過ぎない
    米大統領側近にはユダヤ系有力者が送り込まれる
    ユダヤ教、キリスト教、イスラム教とは?
    国を持たないことがユダヤ人の安全保障
    イスラエルの存在に疑問を呈すユダヤ社会
    最終的に人類を「無国籍化」するのが目的
    国際主義は「国境廃止」につながる
    国際機関は「主権制限」のための機関
    第2章 金融財閥に発行権を奪われたドル紙幣
    アメリカの歴史は、通貨発行を巡る戦い
    通貨発行権さえ握れば世界を支配できる
    政府による通貨を初めて発行したリンカーン
    リンカーンの通貨を無力化する金融界の工作
    中央銀行を設立するのになぜ秘密会合が必要だったか
    策を弄した民間銀行が通貨発行権を握った
    通貨発行のたび民間銀行に利子を払う米政府
    知らないうちに国民の税金が民間銀行の利益に
    戦争すればするほど銀行が儲かる仕組み
    サッチャーもニクソンも逆らえない英金融界
    ケネディ暗殺に絡む政府通貨発行を巡る戦い
    レーガン大統領暗殺未遂事件はなぜ起こったか
    「利子」が当たり前という金融界による洗脳
    国家意識のない金融勢力が国家を利用する
    第3章 社会主義者に乗っ取られたホワイトハウス
    アメリカの使命は「世界のアメリ力化」
    アメリカに「内政不干渉」の発想はない
    大東亜戦争は「アメリ力化」との戦い
    社会主義者に囲い込まれたルーズベルト政権
    ルーズベルトが日本を追い込んだ
    「共産ソ連」と「社会主義アメリカ」が手を結んだ
    財閥の利益のために仕組まれた八百長の冷戦構造
    アメリカを弱体化させて乗っ取る国際銀行家の戦略
    第4章 日本と蒋介石を戦わせて倒すアメリカの戦略
    日本は中国を「侵略」などしていない
    日本が望まず、中国が望んだ日中戦争
    中国の共産化を支援したマーシャルの背信外交
    支那事変の裏で蒋介石とサッスーン財閥が金儲け
    第5章 韓国を使って反日をさせるアメリカ
    日本はどの国も植民地支配していない
    古事記の「治らす」の精神で朝鮮を栄えさせた
    日本だけがやらなかった分断統治
    日本の善政を受け入れてしまった併合時の韓国
    独立を望む愛国者を暗殺した韓国王朝
    独立させたい日本、独立する気のない朝鮮
    日本が謝れば謝るほど傷つく韓国人の心理
    国家の独立の正統性が問われる韓国
    反日教育のために韓国人は自国に誇りを持てない
    対等に付き合うなら韓国を突き放せ
    朝鮮戦争は米ソに仕組まれたもの
    朝鮮戦争で梯子を外されたマッカーサー
    裏切られたマッカーサーの重要な議会証言
    中韓で日本を抑え込む東アジアレジーム
    拉致問題に非協力的なアメリカの意図を疑え
    グローバル化した韓国経済のなれの果て
    明日の日韓関係のために
    第6章 グローバリズムに屈しない日本とロシア
    TPP参加は日本の「ものづくり」も壊す
    金を動かすだけの外資は日本には不要
    一国社会主義に走ったスターリン
    ロシアは世界支配のハートランド
    超大国ソ連が極めて平和裏に崩壊した不思議
    ロシアの天然資源を奪おうとした欧米ユダヤ財閥
    ユダヤ財閥を追放し、天然資源を取り戻したプーチン
    ウクライナ問題でプーチンを追い詰める欧米
    グローバリストの企みを潰せるのは日本とロシアだけ

  • 日本の国体を脅かすユダヤの正体についてわかりやすく書かれている。必読。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、前吉備国際大学客員教授。
1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。
1971年研修先のイギリス·ケンブリッジ大学経済学部卒業。
2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。
同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。
2014年4月より2018年3月まで吉備国際大学客員教授。
著書に『国難の正体』(総和社/新装版:ビジネス社)、
『知ってはいけない現代史の正体』(SBクリエイティブ)、
『米中新冷戦の正体一脱中国で日本再生一』(ワニブックス/河添恵子氏との共著)、
『天皇を戴戦くこの国のあり方を問う 新国体論一精神再武装のすすめ』(ビジネス社)、
『国際二ュースの読み方 コロナ危機後の 「未来」 がわかる!』 (マガジンハウス)など多数。
未来ネット 【ひとりがたり 馬渕睦夫】、 チャンネル桜 【桜無門関 馬渕睦夫x水島総】レギュラー出演中。

「2022年 『道標 (みちしるべ) - 日本人として生きる -』 で使われていた紹介文から引用しています。」

馬渕睦夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
トマ・ピケティ
佐藤 優
ウォルター・アイ...
エドワード・ルト...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×